次はメッシとともに南米制覇へ! カルロス・テベスがコパ・アメリカへの意気込みを語る!

カテゴリ:国際大会

パオロ・フォルコリン

2015年06月09日

「アルビセレステ」を着ると心の底から喜びが湧いてくる。

アルゼンチン代表でプレーすることは、無上の喜びだと言うテベス。目指すは8大会ぶり15回目の南米制覇だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 セリエAで20ゴールを挙げ、ユベントスのリーグ4連覇に貢献したカルロス・テベス。
 
 バルセロナと戦ったチャンピオンズ・リーグ決勝では涙を呑んだが、充実したシーズンを過ごし、アルゼンチン代表に復帰したテベスは、6月11日から始まるコパ・アメリカに挑む。
 
 大会への意気込みと代表チームへの想いをお届けしよう。
 
――◆――◆――
 
――シーズン終了後も休んでいる時間はないね。6月11日にコパ・アメリカが開幕する(7月4日が決勝)。カルロスのアルゼンチンは、かなり熱いグループに入ったね。ウルグアイ、パラグアイ、ジャマイカが相手だ。
 
「ああ、ジャマイカ以外はデルビー(ダービー)みたいなもんだ。簡単な試合はない。
 
 アルゼンチンは去年のワールドカップは決勝で敗れているだろ。その雪辱を果たそうと必死さ。持っているものは全部注ぎ込んで、全力で戦うよ」
 
――アルゼンチンは伝統的に優秀なストライカーが多い。いまのチームにもメッシ、イグアイン、アグエロ、ラベッシがいる。その中でレギュラーを勝ち取るのは難しいんじゃない?
 
「それは俺が考えることじゃない。監督の問題さ。俺は呼ばれたらいつでもプレーするし、その準備をしておくまでだ。ほかのみんなと同じようにね。まあ、監督にとっては嬉しい悲鳴だろう」
 
――隣国のブラジルもワールドカップのリベンジに燃えていると思うけど?
 
「だろうな。決勝まで辿り着いたアルゼンチンと違って、ブラジルは自国開催の大会で、歴史的な大敗(準決勝でドイツに1-7)を喫したわけだからな。同じ過ちは絶対に許されない」
 
――開催国のチリは、メキシコ、ボリビア、エクアドルと同じグループだ。チリには、ユーベでチームメイトのビダルがいる。
 
「たぶん、いちばん簡単なグループなんじゃないか。戦力的な差が明白だ。ただ、ピッチでは何が起きても不思議じゃない」
 
――充実したシーズンの後、どんな気持ちで君はコパ・アメリカを戦うのかな?
 
「喜びでいっぱいだろうな。やっぱり自分の国を代表して戦えるのは特別だし、アルビセレステ(白色と空色、アルゼンチン代表の愛称)のユニホームを着ると、心の底から喜びが湧いてくる。勝てばなおさらだ」
 
※『ワールドサッカーダイジェスト』2015年6月4日号より抜粋して転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ