イエローカードの恐怖を乗り越えた遠藤と田中。スペイン戦では思い切り暴れてくれ‼【東京五輪/編集長コラム】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月31日

堂安にはあのゴラッソの再現を期待したい

「あと一枚で…」という呪縛から解放された遠藤。スペイン戦での活躍が楽しみだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ニュージーランドとの準々決勝は、イエローカードの恐怖とも戦う一戦だった。この試合を前に、堂安、冨安、中山、田中、遠藤があと1回の警告で次戦出場停止になる状況だった。準決勝以降も見据えれば、ここでカードをもらうわけにはいかないというプレッシャーが彼らにあることは想像できた。

 実際、ニュージーランド戦では、堂安、田中、遠藤あたりがかなり慎重に守備をしている印象だった。準決勝に進めば累積警告が一旦リセットされるので、「この一戦さえ“無傷”で乗り切れば」という計算があってもおかしくないだろう。

 結果、このニュージーランド戦でイエローカードをもらった冨安はスペインとの準決勝に出られなくなったが、幸い、堂安、田中、遠藤、中山は「あと1枚で…」という呪縛から解放されることになった。

 これは日本にとってかなりポジティブなことだ。フランス戦、ニュージーランド戦をどこか窮屈そうに戦っているように映った田中と遠藤のボランチコンビが揃ってスペイン戦に、しかもイエローカードをリセットされた状態で出場できるのだから。

 強豪のスペインを倒すには中盤の攻防が大きな鍵。そこで主導権を握るには、遠藤と田中の吹っ切れたプレーが不可欠だろう。いずれにせよ、準決勝では思い切り暴れてくれ!!、とふたりにメッセージをおくりたい。
 
 また、フランス戦、ニュージーランド戦でゴールがなかった“10番”堂安にも、その悔しさをスペイン戦で晴らしてほしいという意味で期待したい。スペインとのテストマッチで決めたゴラッソをこの大舞台で再現できたら、チームに特大の勢いをもたらすことができる。

 久保にスポットライトが当たりがちだが、やはり10番の堂安の活躍なくしてスペイン撃破は達成できないだろう。やる時はやる選手だと信じているし、それを誰よりも理解しているのはきっと本人だ。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
韓国がメキシコに屈辱的な惨敗! 守備崩壊の大量6失点でベスト4進出ならず!【東京五輪】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
しんどい展開のNZ戦。しかし谷がPKを止めた瞬間、悪い流れがすっと消えた【東京五輪/編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ