「最後までライン上に足を残して…」勝利の立役者、GK谷晃生がPK戦で意識していたこと【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月31日

「タイミングばっちりだし、読みが当たった」

安定していた谷が(12番)PK戦で大仕事をやってのけた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪の準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦。PK戦の末にベスト4進出を決めた。

 そのPK戦ではGKの谷晃生が相手のふたり目のシュートを冷静にストップ。その後、ニュージーランドは3人目も失敗したのに対し、日本は4人目まで全員が成功。スリリングな一戦で勝ち切ってみせた。

「もちろん試合前から難しいゲームになるのは理解していましたし、予想通りなかなか難しい試合になった。そのなかで守備陣が集中して120分間守れたのがこういう勝利になったのかなと思います」

 試合をそう振り返った谷は、PK戦に臨むにあたってどんなことを意識していたのかも明かしてくれた。

「最後までライン上に足を残して自分の直感を信じて、全力で飛ぶということです。タイミングばっちりだし、読みが当たったな、という感じでした」
 
 ちなみに、ニュージーランド選手のPKのデータは「試合前から見ていた」という。ただ、「PK戦の直前にも紙でデータを見たんですけど、頭に入ってこなくて。直感を信じた結果」のセービングだった。

 もっとも、谷は「この勝利を次につなげて、あと2試合ありますが、勝ちたいと思います」とすでに次の準決勝を見据えている。

 安定感のあるプレーを続け、PK戦では素晴らしいシュートストップを披露した谷。8月3日に行なわれるスペインとの準決勝でも活躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
 
【関連記事】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】
「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】
「さよなら 日本」サッカー男子ドイツ代表の“集合写真風”イラストが話題。舞台となったのは…【東京五輪】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ