スペインが延長戦の末に激闘を5-2で制しベスト4進出! 日本×NZの勝利チームと準決勝で激突!【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月31日

延長戦でスペインが3ゴールを奪う

激闘の末、スペインがベスト4へ駒を進めた。 (C)Getty Images

画像を見る

 東京オリンピックの男子サッカーは、7月31日に準々決勝の4試合を実施。宮城スタジアムでは、U-24スペイン代表対U-24コートジボワール代表の一戦が行なわれ、スペインが延長戦の末に5-2で勝利し、ベスト4に駒を進めた。

 立ち上がりから主導権を握ったのはスペイン。5分、アタッキングサードでの華麗なパス回しから、最後はキャプテンのミケル・メリーノが左足を振り抜くも、これはミスキックに。

 そんななか、先手を取ったのはコートジボワールだった。スペインのオスカル・ミンゲサが負傷交代した直後の10分に右CKを獲得。アウトスイングのクロスに走り込んだエリック・バイリーが、相手DFを背負いながら右足で合わせて先制する。

 ビハインドを負ったスペインは、サイドを起点に反撃出ると30分に同点とする。右サイドからのアーリークロスに、相手DFの処理があまくなったところを見逃さなかったダニ・オルモが右足のつま先で押し込み、試合を振り出しに戻す。

 さらに42分、左サイドからのクロスにミケル・オヤルサバル合わせてネットを揺らすが、これはオフサイドの判定となった。
 
 後半も細かくワンタッチパスで崩して攻め立てるスペインは、55分にメリーノのシュートがクロスバーに直撃するなど何度も決定機を得るが、最後の局面での精度を欠き、追加点が遠い時間が続く。

 終了間際の90+1分、コートジボワールのマックス・グラデルがペナルティエリア左から左足を振り抜くと、GKの手をかすめてゴールに吸い込まれる。しかし直後の90+3分にスペインもラファ・ミルが決めてすぐさま追いつく。

 試合は2-2で延長戦へ突入すると、97分にスペインがPKを獲得。これをキッカーのオヤルサバルが冷静に沈めると、117分と120+1分にラファ・ミルが2得点を決めて5-2としたスペインが、最後までリードを守り抜きで激闘を制した。

 この結果スペインは、現在行なわれているU-24日本代表対U-24ニュージーランド代表の勝利チームと、8月3日に準決勝を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介!
 
【関連記事】
杓子定規の対応にセバジョスらは不満…それでも選手村に入って雰囲気が変わったワケ【U-24スペイン代表の東京五輪滞在記】
「さよなら 日本」サッカー男子ドイツ代表の“集合写真風”イラストが話題。舞台となったのは…【東京五輪】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
【東京五輪】男子サッカー 日程&結果/順位表/記事・動画一覧
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】“久保に近い才能”を持つFWをエース候補に! 怪物CBの伸びしろに期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ