酒井宏樹の累積警告は避けられなかったが… 森保ジャパンが総力戦へ向けて完了した“再確認”【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年07月29日

【采配検証】スタメンを送り出した日本陣営の選択は、むしろ慎重だった

若いフランス相手に成熟度の違いを見せつけた日本。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 欧州で助っ人としてプレーする選手たちと、所属クラブで重用されるJリーガーで構成される日本は、オーバーエイジ(OA)が開花前のつぼみのような集団を引率して来たフランスに成熟度の違いを見せつけた。

 アマチュアからプロ草創期の代表を含めた日本のチームは、よくこういうチームに負けた。例えば90年代末期の加茂周監督時代の日本代表は、レギュラークラスではなく若いメンバーで来日したパラグアイ代表の意欲とインテンシティに圧倒された。

 あるJリーグ・チャンピオンチームの監督は、遠征先の南米で対戦相手が若手ばかりのメンバーで臨んで来たことに激怒するが、そんなチームに敗戦を喫した。レギュラー陣を相手にするよりサブ組を苦手としたのは、まだ日本の選手たちがトッププレーヤーたちの掛け値なしの真剣勝負を経験していなかったからだ。だからあまり汗をかかずに翻弄しようとするレギュラークラスより、血気盛んで必死にアピールしようとする若手の勢いに圧倒された。
 
 フランスで戦って来た酒井宏樹が注意を喚起したのも、失うもののない「つぼみ」のポテンシャルと怖さを身をもって知っていたからだろう。

 だが東京五輪でプレーする日本の選手たちの前では、所詮つぼみはつぼみでしかなかった。もし大敵がいたとすれば、悲鳴を挙げる度に笛を吹き、演技と真実の違いを見極められないエルサルバドルのレフェリーだ。欧州基準の強度で戦い続ける日本の選手たちは、Jリーグと比べても明らかに無駄な笛の多いジャッジに悩まされている。ただしジャッジは邪魔になっていても、球際の攻防で日本がフィジカル自慢のフランスの若手を制していたのは事実だった。

 おそらくこの笛の水準が続く限り、グループリーグを抜けていくまでに主力の誰かを累積警告で欠くのは避けられないことだった。

 だが幸いにも準々決勝で対戦するのは、隣りのグループBから抜けて来るチーム。もちろん油断は大敵だが、ニュージーランド戦で否応なく酒井を休ませられると解釈すれば悪いことではない。

 スタメンを送り出した日本陣営の選択は、むしろ慎重だった。最終ラインとボランチは過去2戦を継承し、左MFには堅実な献身が光る旗手怜央を起用。メキシコ戦で縦横無尽に走り回った林大地を休ませ、上田綺世のコンディションと連携を確認した。

 プロ入り後確実に技術の精度を上げている上田は、1度だけバックパスをフランスのエース、ジニャックにプレゼントする大きなミスを犯したが、最前線で巧みに起点となりボールを引き出しゴールを演出した。故障で出遅れたストライカーを90分間チェックできたのは朗報だった。さらに前戦フル出場した久保建英を後半から休ませ、次戦欠場する酒井の代役を務める橋岡大樹を試運転し、70分過ぎからは遠藤航、堂安律、田中碧と核になる選手を次々にベンチに下げることが出来た。特にこの時点で遠藤が次戦に出場できることが確定した。
 
【関連記事】
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】
【セルジオ越後】タフで強い、本当に凄かった! フランス戦で一番輝いたのは久保くんでも遠藤でもないね/東京五輪
「日本はスペインやブラジルほどに強い」韓国メディアは“日韓戦回避”をどう伝えた? 自国の勝利は「完璧な作戦勝ち」
エムバペなど「最強陣容のフランス」を東京五輪で見たかった…連盟会長は“負け惜しみ”も
「まさか自分がフランス戦で…」酒井宏樹が“かつての相棒”との惜別2ショットを公開!「一生大切な友人です」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ