「大会期間中にピッチに戻れれば大偉業」初戦で負傷したスペイン五輪代表10番はわずかな希望を信じて…

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月28日

エジプト戦で左足首を捻挫

初戦のエジプト戦で負傷したダニ・セバジョスは大会期間中の復帰を果たせるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 スペインU-24代表で今回の五輪に人一倍闘志を燃やしていたのが、オーバーエイジ枠で出場するMFのダニ・セバジョスだ。休暇を返上して1か月間自主トレに励み、キャンプに合流。好調を維持したまま大会を迎え、初戦のエジプト戦(0-0)でも攻撃を牽引する活躍を見せていた。

 しかし、そのエジプト戦の40分過ぎに相手選手に足を踏みつけられ、負傷交代。検査を受けた結果、グレード2の左足首捻挫と診断された。通常では復帰までに3~4週間を要する怪我だ。

 ただスペイン紙『アス』によれば、痛みが引かない中でも、ダニ・セバジョスはわずかな希望を信じて、連日フィジオセラピストとともにハードなリハビリに取り組んでいるという。さらに、経過次第では準決勝、もしくは決勝に出場できる可能性があるが、それでも極めて困難な状況に変わりはなく、大会期間中に復帰できれば大偉業とレポートしている。
 
 そんな中、27日にアルゼンチン戦の前日記者会見に臨んだルイス・デ・ラ・フエンテ監督は、ダニ・セバジョスについて次のように語っている。

「ダニが成し遂げていることはミラクルだ。フィジオセラピストとドクターに感謝しなければならない。通常であれば、もっと長期間の療養が必要な怪我だ。幸運にもスペインが準々決勝に進出できたら、彼はそこにいるだろう。もちろんプレーに支障がないという確証がない限り、リスクを冒す考えはないが、われわれはとても満足している」

 ダニ・セバジョスは本気で“大偉業”を成し遂げる覚悟だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
[フランス戦のスタメン予想]ベスト布陣かターンオーバーか? “運命の一戦”をどう戦う?【東京五輪】
日本がフランス戦で警戒すべき選手は? オーバーエイジ3選手に要注意だ【東京五輪】
「クボは重圧から解き放たれたようだ」仏メディアが久保建英を最大警戒!「レンタル先では失敗したが…」
【グループC第3節展望】注目の一戦、スペインvsアルゼンチンのキーマンは? 豪州は勝つか引き分けでGS突破
絶妙アシストでスペインに初勝利をもたらしたアセンシオ、“アウセンシオ”とはもう呼ばせない?【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ