「一体感って、何かね?」U-24代表の“ベンチ外”メンバーが身をもって教えてくれたこと【厳選フォト】

カテゴリ:連載・コラム

金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

2021年07月28日

森保監督が常々口にする「チームのために」を体現

それぞれが自分にできることでチームをサポートした“ベンチ外”メンバーの4人(左上から時計回りで鈴木、町田、冨安、瀬古)。写真●金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 一体感、団結力、一枚岩……団体スポーツでは大事なことだと想像はつく。選手も監督もよく口にするフレーズだから、やっぱり大事なんだろう。

 ただ、ちょっとフワッとしている感じもする。乱暴な言い方をすれば、そう言っておけばいい、みたいな。あって当たり前でしょ、みたいな。

 手垢のついた常套句、ありふれた事象だと思っていたので、深く考えてこなかったけど、「もしかしてこういうこと?」と思わされるシーンがあった。

 東京五輪の男子サッカー。メキシコ戦の試合前アップ。ベンチ入りできなかったメンバーがピッチ脇に出てきて、アップする選手たちをサポートする。

 ベンチに入った選手たちがボール回しを始めると、熱心に声掛けして盛り上げる。その後は、鈴木彩艶はGKの練習補助(主にボール拾い)。町田浩樹は田中碧のパス交換の相手を務め、球出しをする。瀬古歩夢は個々のペットボトルが入ったポーチを手にして、汗をかいて引き上げてくる選手たちに手渡し(その時に声かけも)。

 冨安健洋は怪我の影響もあってか、特に動いていなかったけど、仲間たちを鼓舞するように声をかけていた。

 メキシコ戦は2-1で勝利。試合後、ベンチ外の選手たちもスタンドからピッチに降りてきて、その場での軽いミーティングに参加。笑顔で出場メンバーを労っていた。
 
 その日はメンバー入りできない悔しさが当然、あったはず。でも、チームの勝利のために一丸となっている様子が伝わってきた。森保監督が常々口にする「チームのために」が体現されていると感じずにはいられなかった。

 一体感、団結力、一枚岩。なんとなく分かった気がした。そういえば、1-0で勝った南アフリカとの初戦、試合後にスタジアムのオーロラビジョンに得点シーンが流れると、スコアラーの久保建英をみんなで祝福する場面もあった。

 U-24代表、良いチームだ。

取材・文・写真●金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

【五輪代表PHOTO】GS最終節フランス戦先発をかけてアピール!キレのある動きを披露したU-24日本代表を特集!
 
【関連記事】
「日韓戦を回避せよ!」ホンジュラス戦を控える韓国代表に母国紙が勝利を厳命!「アジア大会を思い出せ」【東京五輪】
[フランス戦のスタメン予想]ベスト布陣かターンオーバーか? “運命の一戦”をどう戦う?【東京五輪】
「男子サッカーは五輪に不必要」英紙記者が大胆提言!「重要だと思っているのはホンジュラス、韓国、開催国…」
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
「どんだけ男前なんだよ!」貴公子ベッカムと最新鋭マセラティの“美しき一枚”が話題!「何歳になった?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ