【グループB第3節展望】韓国はホンジュラス相手に引き分けでも2位抜け確定! ルーマニアはNZ撃破へ攻撃陣の奮起が必須

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2021年07月27日

全チームが勝点3で並ぶ大混戦

得失点差で首位に立つ韓国。ホンジュラス戦では引き分け以上でグループステージ突破が決定する。 (C)Getty Images

画像を見る

▼ルーマニア×ニュージーランド
(7月28日/17:30キックオフ@札幌ドーム)

 勝点3で並ぶ大混戦のB組だが、得失点差で不利な両国だけに、引き分けだと揃って敗退してしまう可能性がある。

 とくにルーマニアは勝点3を取れないと敗退になるので、ここまでオウンゴールの1点しか取れていない攻撃陣の奮起が必要になる。ただし、右サイドの仕掛け人であるイオン・ゲオルゲが韓国戦で退場し、この試合では出場停止となる状況で、2列目のアレクサンドル・ドブレやCFジョルジェ・ガネアにクロスを供給する役割を担うのは左サイドのラドゥ・ボボクだろう。

 ニュージーランドも、エースのクリス・ウッドがクロスに合わせる形を得意としている。韓国戦とホンジュラス戦でゴールを決めたウッドを左サイドのリベラート・カカーチェに良いボールを供給できるかどうか。身体能力抜群のルーマニアのGKマリアン・アヨアニと好セーブを連発しているニュージーランドGKマイケル・ウードにも注目だ。
 

グループBの順位表(第2節終了時)。※上位2チームが準々決勝に進出。

画像を見る

▼韓国×ホンジュラス
(7月28日/17:30キックオフ@横浜国際総合競技場)

 初戦でニュージーランドに敗れた韓国は、2節のルーマニア戦では相手に退場者が出たこともあり、オウンゴールの先制点から得点を重ね4-0の完勝。勝点3で並ぶB組でも得失点差で首位に立った。

 これでホンジュラスに引き分ければ2位で勝ち上れるが、ホンジュラスもニュージーランドに逆転勝利で調子を上げている。決勝ゴールをあげた10番のリゴベルト・リバスを中心に、パスワークと個人技を駆使するホンジュラスの攻撃は、オーバーエイジのパク・ジスと屈強なチョン・テウクがCBコンビを組む韓国のディフェンスにも厄介なものであるはずだ。韓国は0-0でも突破できるが、ここまで不発のファン・ウィジョのゴールに期待がかかる。

 またルーマニア戦は、79分からの出場で2得点を挙げたイ・ガンインが良い状態でスタメンに戻ると見られる。ホンジュラスは点を取りに行くなかでも、守護神アレクス・グイティを中心にカウンターからの危険なフィニッシュを封じていきたい。

文●河治良幸

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
【関連記事】
「男子サッカーは五輪に不必要」英紙記者が大胆提言!「重要だと思っているのはホンジュラス、韓国、開催国…」
なでしこジャパン、チリ戦スタメン発表! GS突破へ勝利が欲しい一戦でエース岩渕真奈が先発復帰
「こんなに強かったのか…」電光石火2発のU-24日本代表にメキシコ紙が絶句!「恐怖のクボ」【東京五輪】
「めちゃくちゃカッコいい」槙野智章が公開した1000万円超の愛車に反響続々!「センスある」
「凄いタイミング」「なんで?」鹿島のコーチ2人の退任にファンも驚き。クラブを離れる理由は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ