【グループA第3節展望】日本対フランスは打ち合いに!? 南アはメキシコに2点差以上の勝利で逆転突破も

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年07月27日

日本は引き分けでも首位でGS突破が確定

ここまで2戦連発の久保。フランス戦でもチームを勝利に導くゴールを決められるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

▼フランス×日本
(7月28日/20:30キックオフ@横浜国際総合競技場)

 ここまで5得点・7失点のフランスだけに、打ち合いになる可能性もある。日本は引き分けでも首位でのグループステージ突破が確定するだけに、勝利を目指して前がかりにくるフランスに付き合う必要はない。

 ただ、あまり引いて守備を固める戦いを選択しても、チームの流れを止めてしまう。基本は高い位置からハメに行きながら、縦に運ばれた時にチームで意思統一して、引き込んだところで“デュエル王”遠藤航を軸にボールを奪ってカウンターというプランを取るのもありだろう。

 ここまで2得点の久保建英をはじめとしたアタッカー陣には引き続き期待がかかる一方、1トップのアンドレ=ピエール・ジニャクと相対するCBコンビの働きも重要になる。キャプテンの吉田麻也と相棒の板倉滉の連係も良くなってきているが、怪我から回復中の冨安健洋が初スタメンとなるか注目だ。
 

グループAの順位表(第2節終了時)。※上位2チームが準々決勝に進出。

画像を見る

▼南アフリカ×メキシコ
(7月28日/20:30キックオフ@札幌ドーム)

 日本、フランスに惜しくも敗れて勝点0の南アフリカだが、もしメキシコに2点差以上で勝って、フランスが日本に敗れれば、逆転でグループステージを突破できる。最低でも2点が必要になることを考えれば、スタートから4バックを押し上げ、高速ドリブラーのルーサー・シンやCFのエビデンス・マクコパを中心に、攻撃的に戦うことが求められる。

 一方、2大会ぶりの金メダルを目指すメキシコも引き分けだと、他会場の結果次第で敗退になってしまうリスクもある。メキシコは日本戦でCBのホアン・バスケスが退場、左SBのエリク・アギーレが負傷しており、ハイメ・ロサーノ監督は少なくとも主力の二人を交代させないといけない。守護神ギジェルモ・オチョアや日本戦では不発だった10番ディエゴ・ライネスの働きはもちろんだが、チームの総合力が問われる。

文●河治良幸

【五輪代表PHOTO】GS最終節フランス戦先発をかけてアピール!キレのある動きを披露したU-24日本代表を特集!
 
【関連記事】
「男子サッカーは五輪に不必要」英紙記者が大胆提言!「重要だと思っているのはホンジュラス、韓国、開催国…」
「めちゃくちゃカッコいい」槙野智章が公開した1000万円超の愛車に反響続々!「センスある」
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
「握手を拒否した理由なんてどうでもいい」“韓国10番”に非礼を浴びたウッドが大人の火消し対応「もういいだろ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ