チリに辛勝も課題は山積み。なでしこジャパンの最大の問題は…【東京五輪/編集長コラム】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月27日

相変わらず攻撃に躍動感がない

チリを下したなでしこジャパンだが、すっきりした試合展開ではなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[東京五輪 グループステージ第3戦]日本 1-0 チリ/7月27日/宮城スタジアム

 カナダやイギリスよりも力が劣るチリが相手だったからだろう。なでしこジャパンは前半から押し気味に試合を進めた。しかし、強かったと言えばそうではない。前半はパスひとつ見ても、ゴールに向かうというよりも近くの味方にとりあえず繋ぐシチュエーションが目に付いた。足もとでパスを受けたがる選手が多く、相変わらず攻撃に躍動感がない。

 緩急もないアタックには怖さそのものがなかったと言っても大袈裟ではない。精度の低いミドルを多用するのは、エリア内で崩す有効手段を持ち合わせていないとの見方もできる。前半に限れば可能性を感じたのは、岩渕、杉田、長谷川がボールを持った時くらいで、組織的な崩しは数える程度だった。

 ガムシャラに走って気持ちを見せるのも大事だが、そもそも今のなでしこジャパンには戦術らしい戦術が見当たらない。ボールを繋ぐことで精いっぱいで、肝心のゴールへの道筋が見えないのだ。田中、木下の奮闘もあった後半は盛り返したが、チームとしては課題が山積みである。

 
 実際、守備に目を向けても、どこでプレッシャーをかけてボールを奪うか、いまひとつ統率されていない。68分にカウンターからピンチを迎えた場面でヘディングシュートからゴールを奪われなかったのはラッキーのひと言。相手のシュートミスに助けられた印象が強かった。

 その後、田中の先制弾でリードを奪い、どうにか逃げ切ったなでしこジャパンはグループEの3位で決勝トーナメント進出を決めたが、喜んでばかりもいられない。グループリーグのような戦いぶりでは、準々決勝で優勝候補のスウェーデンに勝てないだろう。

 なでしこジャパンの最大の問題はボランチにあるか。攻撃の局面ではテンポよくボールを散らし、守備の局面では前線や最終ラインと連動しながらボールを奪いに行くというようなアクションができていない、要するに攻守両面において不足感が否めないのだ。

 ボランチのふたりが攻撃の局面でテンポよくボールを散らし、守備面でプレスのかけどころをはっきりさせれば、チーム力は劇的に向上するかもしれない。しかし、中2日で迎えるスウェーデン戦(7月30日)までにボランチコンビが覚醒できるかと言えば、現実的に考えて厳しいのではないか。

 もちろん、サッカーでは何か起こるか分からない。2018年ロシア・ワールドカップのコロンビア戦でも不利と言われながら、前半の早い時間帯に相手の選手ひとりがレッドカードで退場、しかもPK獲得と信じられないことが起きている。これで勢いに乗った日本はコロンビアを2-1で破り、その後も粘り強い戦いぶりで最終的にベスト16入りを果たしている。

 このように勢いに乗れるきっかけさえ掴めればチームが劇的に変わるケースもあるだけに、なでしこジャパンも奇跡を信じて戦ってほしい。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
【なでしこジャパン 1-0 チリ|採点&寸評】岩渕&田中のコンビで決勝弾! CB熊谷も絶大な存在感
「日本には最悪のシナリオがある」U-24日本代表の8強楽観視に韓国メディアが疑問符「2勝1敗でも危ない」【東京五輪】
【五輪女子サッカー】大勝したオランダが首位でGS突破! ザンビアに辛勝したブラジルは2位通過|グループF
【五輪女子サッカー】豪州と引き分けたアメリカが8強進出。スウェーデンがNZを圧倒し3連勝|グループG
情けないなでしこジャパン。攻撃の形が見えないのは致命傷だ【東京五輪/編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ