【なでしこジャパン|チリ戦プレビュー】GS突破へ、世界的名手と献身的な守備陣の壁を破れるか?

カテゴリ:日本代表

西森彰

2021年07月27日

ポジションチェンジを交えて、多方面からパンチを繰り出し、守備の混乱を誘いたい

グループリーグ最終戦、日本対チリの予想フォーメーション。

画像を見る

[グループリーグ最終戦]日本×チリ/7月27日(火)/宮城スタジアム

 グループリーグ最終戦はチリが相手だ。パリ・サンジェルマンでプレーし、今季からオリンピック・リヨンへ移籍するゴールキーパーのエンドラーが最大の障害だ。長身で反射神経に優れ、シュートストップに絶対の自信を持っている上に、ディフェンダーを動かしてゴールを遮蔽するコーチングもできる。女子ワールドカップでは、シュートレンジが他国より長いアメリカでも、ペナルティエリア外からのゴールはできなかった。エンドラーの盾となるのが、献身的な守備陣。4枚のラインでスタートして見せるが、そこからは相手が1(3)トップならそのままの枚数で、2トップなら左サイドハーフのララが位置を下げて5枚になって、カバーリングに優れたゲレーロを余らせた形を保つ。

 攻撃は、攻め疲れた相手にカウンターを浴びせるスタイル。ウルティアが前線に残り、カウンター時には、アエドらがこのサポートに走る。カナダ戦でPKを奪取したサモラのスピードと、そのPKを成功したアラヤのセットプレーには注意。控え組ではマルドネス、アクーニャ、ゲレス、そしてイギリス戦で右サイドバックを務めたバルマセダらが、攻撃に特長を持つ。VAR判定を味方につける狡猾なプレーに引っかからないよう、気を付けたい。
 
 選手層が薄いチリは、2戦続けて同じようなメンバーで戦い抜き、日本以上に疲労は蓄積している。また、マンツーマン主体の守備は、ゲレーロ以外、後追いになりがち。カナダやイギリスより、アジリティに優れる日本のほうがタイプ的には向いているはずだ。

 ポジションチェンジを交えて、多方面からパンチを繰り出し、守備の混乱を誘いたい。また、ハーフウェーの前後から(特に日本から見て左の)サイドがノーマークになる。ここに、サイドバックを上げて、攻撃の起点を増やすことも可能だ。明日は、台風が東日本を襲う可能性が高く、第1試合を終えた宮城スタジアムのピッチがどの程度、傷んでいるかが気になるが、これまでの2戦に比べれば、日本も制空権を確保しやすい。エンドラーの出られない位置に、菅澤などをターゲットに置いてのクロス攻撃など、ピッチ状態に影響されない攻略法も想定したい。

 勝つ以外にチャンスがないのは、チリも同じ。どこかで必ず、前に出てくる。自陣へ引きこもられても焦られずに、落ち着いて戦ってほしい。

文●西森 彰(フリーライター)

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
「セットプレーの威力は脅威だ」AFC公式がチリ戦を控えるなでしこジャパンに警鐘!「カナダを猛攻で追い詰めた」
情けないなでしこジャパン。攻撃の形が見えないのは致命傷だ【東京五輪/編集長コラム】
「このメンバーがベストだと…」高倉監督が明かした“岩渕外し”の意図
「かえって戦いやすくなったとも言えるのではないか」。田嶋会長が苦しむなでしこジャパンを鼓舞【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ