「このメンバーがベストだと…」高倉監督が明かした“岩渕外し”の意図

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月25日

「力が劣ったとはまったく思っていない」

イギリス戦では81分から出場した岩渕。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 7月24日、東京オリンピック女子サッカーのグループステージ第2戦が開催され、日本は強豪イギリスと札幌ドームで対戦。74分に警戒していたエレン・ホワイトにゴールを許し、0-1で敗れた。

 1-1のドローに終わったカナダ戦から4人を入れ替えたスタメンで驚きだったのが、その試合で同点ゴールを挙げた岩渕真奈がベンチスタートになったことだ。なぜ難敵との一戦でエースをスターターから外したのか。

 試合後のテレビインタビューで、岩渕のコンディションについて問われた高倉麻子監督は、「万全ではないが、プレーはできるので、次に向かってやっていきたいと思います」と答えた。そして、その後の公式会見で、改めて4人の先発を入れ替えた意図について、次のように語った。

「予選リーグ3試合をプランするなかで、1戦目を戦って、チームのバランス、選手のコンディション、調子の良さを考え、このメンバーがベストだと思って選んだ」
 
 指揮官はさらに、「アグレッシブに攻撃に行きたかったし、22人で戦うということは決めている。前回(カナダ戦)の先発と比べて力が劣ったとはまったく思っていない」と語気を強めた。

「今後も調子を良い選手を観察しながら、チームのベストと思える布陣を選び、ゲームの終わり方と進め方を含めて、プランを持ってゲームを進めていきたい」

 今後も、主軸であってもコンディションや調子次第でベンチスタートにする可能性を示唆した高倉監督。この先も議論を呼ぶ采配があるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子0-1イギリス女子|岩渕を途中から投入して攻め込むも一歩及ばずに惜敗... GS最終節のチリ戦へ期待がかかる!

【なでしこジャパンPHOTO】澤穂希!丸山桂里奈!川澄奈穂美!歴代なでしこジャパンの激闘を激選ショットで振り返る!
 
【関連記事】
「取り上げてもらいたくないので…」記者に“異例のお願い”をした岩渕真奈の真意
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
【なでしこジャパン0-1イギリス|採点&寸評】途中出場の岩渕は期待に応えられず。塩越は不完全燃焼
日本がメキシコ戦で警戒すべき選手は? レジェンドGKや「メキシコのメッシ」はとくに強敵だ【東京五輪】
【グループA第2節展望】守備安定のメキシコを日本はどう崩す? フランスは南ア戦で“チーム”になれるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ