「ミランに永遠に留まりたい」ケシエが東京五輪参戦中にリバプール移籍などの噂を一蹴!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月26日

オリンピック参戦中に思いを語る。

ミラン残留宣言をしたケシエ。(C)Getty Images

画像を見る

 コートジボワール代表のオーバーエイジとして東京オリンピックに参戦中のフランク・ケシエは、今夏の動向がヨーロッパ中から注目されている1人だ。
 
 所属するミランとの現行契約は22年6月と残り1年。ミランは今夏にジャンルイジ・ドンナルンマ(パリSGへ)とハカン・チャルハノール(インテルへ)を契約満了に伴うフリートランスファーで失っただけに、来夏にケシエも同じ形で失わないように以前から契約延長に動いていた。
 
 ただ、昨シーズンは獅子奮迅の大活躍を見せていただけに、リバプール、マンチェスター・U、アーセナル、そしてレアル・マドリーなどが興味を示しているとの報道も。とくにここにきてリバプールが代理人と会談するとの噂も飛び交い、ミラニスタをヤキモキさせていた。
 
 しかし、ケシエは東京オリンピック中にミランへの堅い忠誠を誓っている。現地時間7月26日、イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』が以下のようなインタビューを伝えたのだ。
 
「僕はミランを選んだことを誇りに思うし、色んな話があるけど退団するつもりはない。むしろ永遠にミランに留まりたい。いまはオリンピック中だけど、終わってミラノに戻ったらすべてを整理するよ。僕はミランとマルディーニ(ミランのテクニカルディレクター)とマッサーラ(ミランスポーツディレクター)だけを望んでいるんだ。すぐに契約延長を発表できると思う」
 
 ミランには年俸400万ユーロのサラリーキャップがあるものの、ケシエには例外として年俸550万ユーロでオファー。代理人はズラタン・イブラヒモビッチと並ぶボーナス込み総額700万ユーロを望んでいるようだが、ケシエ本人の意思は固いだけに、ミランと契約延長して残留する可能性が高いと見ていいだろう。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「ミランに切り捨てられ、ユーベに振られて…」ドンナルンマ移籍の舞台裏を移籍専門記者が明かす
【消えた逸材】ミランとドイツ代表で期待されたMFの転落…それでも夢はW杯出場!
「笑える」「ホントにやった!」ミラン新10番の“赤黒ヘア”が大反響!「マドリーに怒られない?」
「彼は月曜に戻ってくる」ネドベド副会長がC・ロナウドのユーベ残留を明言!ディバラとは契約延長へ意欲
ドイツ代表FWが驚きの「公開プロポーズ」!恋人の返事は?【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ