【J1採点&寸評】柏×広島|ポゼッションでは劣勢に回るも、広島が限られた好機を活かし逆転勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月08日

同点弾の大谷は攻守両面で存在感を発揮。

【警告】柏=中谷(62分) 広島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ドウグラス(広島)

画像を見る

【試合内容】
 ポゼッションに優る柏の攻撃を、広島がコンパクトな守備で凌ぎながらカウンターを狙う展開になった。柏に先制された広島は、35分に佐藤、49分にドウグラスが決めて逆転に成功する。
 
 攻撃のカードを次々と切った柏は86分に一度追いつくが、88分にセットプレーからオウンゴールで広島に勝ち越しを許す。広島がこの1点のリードを守り切った。
 
【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・15
 
【チーム採点・寸評】
柏 5.5
先制しながらも軽率なミスで逆転を許す。一度は同点に追いついたが、またしても得点直後にセットプレーから失点し、課題が依然として改善できていないことを印象付けた。
 
広島 6.5
柏のポゼッションに押し込まれる苦しい展開になった。チャンスが限られていたなかで確実に仕留める決定力を見せ、守備は若干不安定だったものの森崎和、林の好プレーがチームを救った。
 
【柏|採点・寸評】
GK
21 菅野孝憲 5
最後に勝ち越しを許したCKは、カウンターを狙った菅野が前線にロングフィードを送り、それが通らなかったことで逆にカウンターを浴び与えたもの。もう少し冷静な判断が必要だったか。
 
DF
2 藤田優人 5.5
対面の柏にしぶとい対応を見せ、攻撃面でもクリスティアーノにスペースを使わせて突破を促すプレーを見せた。
 
4 鈴木大輔 5
同点に追い付いた時の、大津への縦パスは見事だったが、守備面では相手の1トップ2シャドーを抑えられず。最後はCKで痛恨のオウンゴール。
 
20 中谷進之介 5
ビルドアップでは質の高さを見せたが、佐藤、ドウグラスへの対応に苦しむ。オウンゴールを与えた場面もドウグラスに競り負けた。
 
22 輪湖直樹 5.5
試合中に腿を痛め途中交代になった。そのため攻撃参加は少なく、ミキッチへの対応もやや後手に。
 
MF
9 工藤壮人 5.5
献身的なプレーは見せたが、攻撃面での見せ場はクリスティアーノへのクロスのみ。水本のマークも厳しくシュートは0本に終わる。
 
26 太田徹郎 5
パスを引き出すポジショニングは良かったがラストパスの精度に欠け、そこで引っ掛かってカウンターを招く場面あり。
 
8 茨田陽生 5
後方でパスをさばいていたが、前線で攻撃に絡むシーンは少なく、本来の能力からすれば物足りない出来に終始。ポジション柄、もっとチームをコントロールすべき。
 
7 大谷秀和 6
プレーエリアが広く、攻守に渡って存在感を見せる。同点ゴールは大谷のフリーランニングによって完全に広島の守備を崩した。
 
FW
11 レアンドロ 5.5
CBとボランチの間に降り、何度も縦パスを受けて起点となる。出来自体は悪いように見えなかったが、連戦によるコンディションを考慮して63分で交代。
 
30 クリスティアーノ 6
FKで先制弾を決めただけでなく、左右のスペースを突いて攻撃に推進力をもたらす。塩谷とのマッチアップは見応えがあった。
 
交代出場
DF
6 山中亮輔 5.5
縦への速さを活かし、高い位置へ切り込む場面はあったが、チームの状況を考えればもっと回数を増やしたかった。
 
MF
10 大津祐樹 6
ドリブル突破やアイデアを使ったプレーで試合の流れを変える。86分には縦パスをヒールで流し、大谷の同点弾をアシスト。
 
MF
15 武富孝介 6
大津同様、途中出場で流れを変える。相手の疲れが見えてきた時間帯でのドリブル突破は効果があったが、決定的な仕事はできず。
 
監督
吉田達磨 5.5
山中、大津、武富と早めの選手交代は奏功。流れは変えたが、敗戦の根本的な原因でもある守備面やセットプレーの課題を改善できなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ