「このシャツを着てハットトリックだなんて…」大暴れのリシャルリソンが喜び爆発!「今夜のことは一生忘れない」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月23日

コパ後に家族と過ごせたのはわずか2日も…

圧巻の3発で、一躍東京五輪の主役候補に躍り出たリシャルリソン。(C)Getty Images

画像を見る

 休暇返上ではるばる地球の裏まで来た甲斐は、十分にあったようだ。現地メディア『globo』が伝えている。

 U-24ブラジル代表は7月22日、東京五輪のグループステージ初戦でU-24ドイツ代表と対戦。世界が注目のビッグマッチで、圧巻のパフォーマンスを披露したのが、10番を背負うリシャルリソン(エバートン)だ。開始7分で1本のスルーパスから先制点を叩き込むと、22分と30分にも立て続けにゴール。前半だけでキャリア初となるハットトリックを達成した。

 後半は相手の反撃に遭い2点を返されるも、アディショナルタイムにパウリーニョ(レバークーゼン)のダメ押し点が決まり、勝負あり。ブラジルは結局4-2で難敵を撃破した。勝利の立役者となったエースは、試合後に大興奮でインタビューに答えている。

「なんて言ったらいいか分からない。初めてのハットトリックだからね。しかもこのシャツを着てのハットトリックだ。夢が叶って、とても幸せだよ。このシャツにリスペクトを示すために僕はエバートンに(日本行きを)頼んだんだ。これからもこの調子でいきたいね。今夜のことは一生忘れないよ。たくさんお祝いしなくちゃね。僕らにとって重要な夜になった」
 
 リシャルリソンは、先日までコパ・アメリカに参戦。そこから間髪入れずの東京五輪だったが、惜敗したアルゼンチンとの決勝後に短い期間ながらも、故郷の家族と束の間のひと時を過ごしていた。

「残念ながら家族と一緒にいられたのは2日間だけだったが、エネルギーを充電するには十分だった。コパ・アメリカの後、落ち込んでいた僕にはそれが必要だったんだ。応援してくれた全ての人たちの愛情に感謝しながら、今の幸せを感じているよ」

 2大会連続での金メダル獲得へ、最高のスタートを切ったサッカー王国ブラジル。なかでも開幕戦で格の違いを見せつけた背番号10には、今後も大注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
【関連記事】
なぜ冨安はベンチを外れたのか? 森保監督が試合後に明かす「いつまでに戻るとか、お話できる状態にない」
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
「赤信号が激しく点滅!」格下ニュージーランドに敗れた韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「楽観ムードは吹き飛んだ」【東京五輪】
「とても暴力的なエジプト」優勝候補スペイン初戦はドロー。負傷者2名を生んだ敵チームを現地メディアが猛批判!
「無言の激励がすごい」アーセナルの超絶レジェンドが送った岩渕真奈への“背中エール”が大反響!「こういうの大好き」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ