「赤信号が激しく点滅!」格下ニュージーランドに敗れた韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「楽観ムードは吹き飛んだ」【東京五輪】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月23日

「キム・ミンジェの不在が途轍もなく大きく響いた」

攻守両面でチグハグなまま、ニュージーランドの軍門に下った韓国。OA枠のクォン・チャンフン(右)も精彩を欠いた。(C)Getty Images

画像を見る

 手痛いしっぺ返しを食らい、まさかの0-1敗戦を喫した。

 7月22日にカシマスタジアムで行なわれた東京五輪・グループリーグ第1節、韓国vsニュージーランドの一戦は、よもやの結末となった。ファン・ウィジョ、イ・ガンインら精鋭を揃えた韓国だったが、序盤からグループBでもっとも下馬評の低かったニュージーランドを攻めあぐねる展開が続く。そして不穏な空気が漂うなか、迎えた70分。シュートのこぼれ球を敵エースFWクリス・ウッズに拾われて決勝ゴールを許し、不甲斐ない完封負けを喫してしまったのだ。
【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!

 史上初の金メダル奪取を目論み、世論も味方につけていたチームに、いったいなにが起こったのか。韓国のポータルサイト『Sportal Korea』はその不甲斐ないパフォーマンスを断じ、チームにはびこる根深い問題をあぶり出した。

「たった一発に泣いた。それは確かだろう。だがこの失望感溢れる敗北は、決して偶然の産物ではないと知るべきだろう。攻撃は軟弱で意図が感じられず、ニュージーランドの強固なブロックの前に攻め急ぐばかり。チャンスはいくつかあったが行き当たりばったりで、組織的なフォアチェックからボールを奪い、右へ左へと揺さぶって一気に畳みかける理想のショートカウンターは鳴りを潜めたままだった。
 
 前線がチグハグなのに呼応してか、守備もきわめて不安定だった。やはり土壇場で招集がキャンセルとなったキム・ミンジェ(オーバーエイジ枠)の不在は、途轍もなく大きく響いたと言わざるをえないのだ。すべてが準備不足であり、熟度もまるで足りていない。かたや、ニュージーランドはシンプルに整理されていた。ひたすらワンチャンスを狙い続け、その宿願を成就させたのだから。韓国のアバウトで雑な攻めはさぞや守りやすかっただろう」

 韓国はグループBでホンジュラス、ルーマニア、ニュージーランドと同居。他の3グループに比べて与しやすい対戦相手なのは確かで、韓国国内には「クジ運に恵まれた」「8強はもらったな」「日本はかわいそうに」など、楽観ムードが蔓延していた。『Sportal Korea』はそこに隙があったと指摘する。
【関連記事】
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
「日本と韓国は似ている。ただ…」名手ファルカオは両代表チームの“違い”をどう見ている?
「意外にも趣味はド派手で…」韓国の英雄、ソン・フンミンの豪華カーコレクションを英紙が特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ