【橋本英郎】最後にプランを崩すのは“ぶち壊せる個”。南ア戦でそれをやり遂げた久保建英はやはりスゴイ!

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2021年07月23日

南アが導き出した答は「ローペースの試合展開」

71分、久保が鮮烈ゴラッソで均衡を破る。さすがは千両役者の面目躍如だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 さあ、ついに始まりました、東京オリンピック。さっそくですが、木曜日に行なわれたU-24日本代表の初戦、南アフリカ戦について、僕なりに感じたことを書かせてもらえればと思います。

 このゲームのポイントは、4つ。①相手の心理と日本の心理、②崩し、③暑さでのペース配分、そして④プランをぶち壊す力です。順を追って説明しましょう。

[①南アフリカの心理、日本の心理]
 日本にとっては初戦であり、東京でのホームゲーム。かならず勝たなければいけないというプレッシャーを感じながら、試合に入ったことでしょう。逆に南アフリカはプレッシャーこそなかったものの、チームにコロナの陽性者が出たり、チーム状態として本番に臨むには決して良い状態ではなかったように感じました。
 
 なので、立ち上がりはお互いの心理状況がもろに影響して、すごく慎重な形になっていました。南アフリカは日本に対してリスペクトした形の布陣を取り、対する日本もそれを見てカウンター狙いだと理解し、相応の対応をしていました。無理な攻撃は仕掛けませんでしたね。

[②崩し]
 日本は崩しのレパートリーについて、かなり豊富に繰り出していたと思います。裏への縦パス、中央突破、サイド攻撃、そしてそれらを織り交ぜたりと、実にバリエーション豊かでした。

 ただ、サイドを抉ってゴールラインギリギリまでボールを運んで、マイナスにクロスやグランダーのクロスという攻撃の形はあまり多くなかったですね。特に前半はそれが少なかったので、コーナーキックを取る機会が(前半の)終盤まで訪れませんでした。

 日本がチャンスになりそうでなかなか崩し切れなかったのは、南アフリカが自分たちのゴール方向に向かって守備をする瞬間が、あまりにも少なかったから。ゴール前に戻ったはいいが今度はアプローチに行かないとやられる! 日本はミドルシュートやマイナスクロスからのシュート、という形をあまり出せませんでした。
 
[③暑さでのペース配分]
 ここは、日本よりも南アフリカのほうが意識しているように感じました。ホームアドバンテージは日本にあり、南アフリカは気候、コロナの関係と調整に難しさがあるなかで、勝つにはどうしたらいいのか、をよくよく考えたと思います。で、導き出した答が、ローペースな試合展開だったのではないでしょうか。

 日本は、お付き合いはしたくないが、絶対に勝たないといけない! 失点は避けたいという心理もあり、思い切ってバランスを崩した攻めには出れませんでした。そのため、ボール保持はできるけど、多少まったりとする時間帯も作られてしまったんです。が、その展開のなかでも“ひと刺し”できたことで、終盤の攻防戦が生まれたんだと思います。
 
【関連記事】
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
「赤信号が激しく点滅!」格下ニュージーランドに敗れた韓国代表を母国メディアが辛辣批判!「楽観ムードは吹き飛んだ」【東京五輪】
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった
久保建英が南アフリカ戦で決めたゴラッソをスペイン大手紙が大絶賛!「レジェンドに敬意を表わした」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ