• トップ
  • ニュース一覧
  • 「本当に凄かった」。中学3年生のシュートを何度も止めた小学4年生の大迫敬介は衝撃だった【東京五輪代表のルーツ探訪】

「本当に凄かった」。中学3年生のシュートを何度も止めた小学4年生の大迫敬介は衝撃だった【東京五輪代表のルーツ探訪】

カテゴリ:日本代表

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年07月27日

「小学4年生の敬介だけは堂々しているどころか、なぜか少しニヤニヤしているくらいで(笑)」

広島ユース時代は高円宮杯チャンピオンシップに出場した大迫。優勝は逃したが、MIP賞に輝いた。(C)Getty Images

画像を見る

 東京五輪で悲願の金メダル獲得を目指すU-24日本代表。全世界注目の戦いに挑んでいる彼らは、この大舞台に辿り着くまでどんなキャリアを歩んできたのか。

 ここで取り上げる大迫敬介は、幼少期から兄・絢一郎の背中を追っていた。小学4年生の時、兄の試合に混ざり、中学3年生のシュートを何度も止めると、そこから恩師との二人三脚で急速な成長を見せていく。

――――――――――――◆―――――――――――――◆――――――――――
 
 鹿児島県出水市に大迫家の次男として生まれた敬介は、幼少期から兄・絢一郎の背中を追っていた。
 
 小学1年生時には、江内サッカースポーツ少年団の練習に行った兄に付いてサッカーを始めた。チーム事情もあり、約半年後にはポジションが空いていたGKを務める。初めから嫌悪感など抱かず、「シュートを止めるって、楽しい」と感じた。
 
 やがて中学生になった兄がフェリシドFCに一期生として入団すると、小学4年生の敬介は同クラブのスクールに入る。指導にあたった佐渡谷聡監督の脳裏には「練習メニューを言えば、すぐトレーニングに取り組む」姿が焼き付いているほど、飲み込みが早い子だったという。

 だが当時、出水市ではサッカーをしている子どもが少なく、少年団も土日の活動がなかった。仕方なく敬介は週末、ボールを蹴らず親とともに兄の試合を見に行った。「見ているだけでは面白くないですからね」と機転を利かせた佐渡谷監督から、「一緒にやるか?」と声を掛けられる。「はい、やります!!」と返答すると「じゃあ、準備してきな」と言われ、中学生の試合に出場した。

 小学4年生のGKに佐渡谷監督は衝撃を受けた。

「相当数のシュートを止めたんですよ。本当に凄かったです。相手は中学3年生でしたが、クラブを立ち上げて間もない僕らは中学1年生しかいなくて、みんなビビッていてね。でも小学4年生の敬介だけは堂々しているどころか、なぜか少しニヤニヤしているくらいで(笑)」

 誰の目で見ても明らかなほど輝かしい才能があった。しかも中学生になると身長がグッと伸びる。ダイヤの原石を磨くべく、佐渡谷監督は敬介にすべてを尽くした。
【関連記事】
【U-24日本2-1U-24メキシコ|採点&寸評】4人が7点台の高評価! MOMは久保でも堂安でもなく…
「素晴らしい選手がいるね」記者席のメキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は?【東京五輪】
吉田麻也の「もういいですか?」に「ちゃんとやって(笑)」。内田篤人が笑いありの濃密選手インタビュー!
「なぜ自分は出られなかったのか」。負けず嫌いな久保建英を象徴するエピソード【東京五輪代表のルーツ探訪・前編】
「なんなんですかね、彼は」。恩師も想像できなかった冨安健洋の成長曲線【東京五輪メンバーのルーツ探訪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ