「今まで通りの戦い方で」コロナ禍に揺れる南アフリカ戦、森保監督は動じず。「良い準備ができている」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月20日

南アフリカは3名の陽性者と多数の濃厚接触者が

会見当日の練習も落ち着いた様子で行なえたという森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表を率いる森保一監督は7月20日、公式会見を行ない、「良い準備ができている」と東京五輪本番への手応えを語った。

 6月3日に行なったA代表戦こそ0-3で敗れたものの、その後の4試合を3勝1分で駆け抜けた。6月に行なわれたU-24ガーナ戦(6-0)、ジャマイカ戦(4-0)そして、7月12日のU-24ホンジュラス戦(3-1)は、「我々がボールを握る展開の試合」と振り返り、攻撃時の守備や、チームの戦いかたのベースとなる部分を確認できたという。

 さらに17日のU-24スペイン戦は、「これまでの活動にはなかった、守備の時間を長く強いられる厳しい戦い」だったものの、相手にボールを握られながらも粘り強く守備をし、攻撃機会を作っていく戦いができたとして、「厳しい試合を経験できたのは非常に良かった」と振り返った。

 会見では、対戦相手の南アフリカ代表に新型コロナウイルスの陽性者が出ている現状にも質問が及んだ。

 南アフリカ代表は選手2人とスタッフ1人に陽性判定が出ており、一時は濃厚接触者が21人と発表された。保健所による追加調査で20日にそのうち3人が除外されたが、感染者はすでに選手村から離れ、宿泊療養施設に移動しているという。
 
 試合6時間前の検査で陰性になれば試合に出場できるが、開催に必要な13人の選手を揃えられない可能性もある。そんな状況にあっても、森保監督は「相手チームにコロナ陽性者が出て、試合の可否等々、懸念されることはたくさんあると思うが、試合に向けて準備することに注力したい」とここまでのトレーニングではチーム内に動揺が広がることもなく、落ち着いた環境で準備を進められているという。

「(大会運営も)選手たちが安全に安心してプレーできるような環境づくりをしてくれると思うので、自分たちの準備を進めていきたい」

 そして、「チャレンジャーとして1試合1試合の勝利を目指す。今まで通りの戦い方で進みたいと思います」と意気込みを語った。

 U-24日本代表の東京五輪初戦の南アフリカ戦は、東京スタジアム(味の素スタジアム)で7月22日、20時キックオフ予定だ。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】堂安・三笘も合流!全22選手で南アフリカ戦に向け調整!
 
【関連記事】
日本の金メダルの可能性は? スペイン紙の五輪担当記者に訊く「優勝候補5か国に次ぐ存在、ニホンに勝つには骨が折れる」
「イタリアでもそうだった」主将・吉田麻也が公式会見で語った今五輪の鍵とは?
「メダル候補は5か国だ」男子五輪サッカーの覇権争いを米紙が展望! 要注目選手には久保建英の名も
名古屋がポーランド代表の28歳ストライカーを完全移籍で獲得! 背番号は「40」で決定
横浜がオナイウ阿道のトゥールーズへの完全移籍を発表!「どこ行ってもマリノスファミリー」とファンもエール

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ