「トミはうちの選手であってほしい」冨安健洋は移籍するのか? ボローニャCEOがトッテナム移籍に言及

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月18日

トッテナムへの移籍が濃厚とされているが…

今夏の去就が注目されている冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 ボローニャのCEOを務めるクラウディオ・フェヌッチ氏は、現地時間7月17日、冨安健洋の去就を含む来シーズンのクラブの状況について口を開いたようだ。現地メディア『CalcioMercato.com』が報じている。

 2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、“守備の国”イタリアで評価を高めた。本職であるCBに加えて右SBもこなし、シニシャ・ミハイロビッチ監督のもとで定位置を確保している。
 
 チームにとって不可欠となった22歳の日本人DFに対しては、ミランやローマなどのメガクラブ、そして今夏はプレミアリーグのトッテナムが関心を寄せており、交渉が進んでいると報じられている。

 特にトッテナムとの交渉は大詰めを迎えているとの報道もあることから、記者から冨安について問われたフェヌッチ氏は、「彼は今、オリンピックのために活動している」と応え、このように述べたという。

「トミはオリンピックで活躍するだろう。現在はうちの選手であり、これからもそうあってほしい。ただ、彼がプレミアリーグに行きたいという意志を表明し、トッテナムが我々の要求を尊重してくれるのならば、それはそれでいいと考えている。いずれにしても、売却した資金は、市場に再投資することが可能となる」

 トッテナムは冨安獲得に総額2000万ユーロ(約25億円)近い移籍金を提示していると言われ、ボローニャの希望額との差は200~300万ユーロ(約2億5000万円~3億8000万円)に縮まっているとの声もある。

 果たして、両クラブのギャップは埋まり、冨安はイタリアを離れることになるのだろうか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】イタリアで評価急上昇中!真のサムライ、冨安健洋のキャリアギャラリー
【関連記事】
「トミヤスの放出は正しい」トッテナム移籍が濃厚な冨安健洋の“売却”にボローニャOBが賛同!そのワケは?
「なんなんですかね、彼は」。恩師も想像できなかった冨安健洋の成長曲線【東京五輪メンバーのルーツ探訪】
「だから、とても難しい」冨安健洋の移籍にボローニャ幹部が言及! 伊メディア記者は嘆き節「つらい放出だ」
「僕も負けないように」セルティック移籍の古橋が告げた想いとイニエスタからのメッセージ
吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ