「ワールドクラスの一発だ」堂安律がスペイン代表から奪った豪快弾を海外メディアも絶賛!「すごいインパクト」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月17日

日本の10番が強烈なシュートを叩き込む

貴重な1点をもぎ取った堂安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24代表は7月17日、ノエビアスタジアム神戸でU-24スペイン代表と対戦し、1-1のドローで終えている。

 日本の唯一のゴールを決めたのは、この試合に先発した堂安律だ。42分、左サイドで仕掛けて突破した久保からのグラウンダーのボールに反応し、自慢の左足を一閃。守護神ウナイ・シモンをぶち抜き、ゴール左上隅に豪快なシュートを叩き込んだ。

 この得点を絶賛しているのが、堂安が所属するPSVの地元であるオランダ・メディア『VOETBAL PRIMEUR』だ。
 
「東京オリンピックの優勝候補筆頭とされるスペインは、土曜日に行なわれた日本とのフレンドリーマッチに勝利することはできなかった。その原因を作ったのが、PSVに所属する堂安律のゴールだ。彼は素晴らしいストライクを決めた。母国で祝福されるべき、ワールドクラスの一発だ」

 また、現地紙『Eindhovens Dagblad』も「堂安のゴールが日本を救った」と称賛。「ヤング・スペインを相手に引き分けに貢献するゴールを決めた。約16メートルの距離から放った強烈なシュート。すごいインパクトだ」と綴っている。

 堂安はこれで4試合連続でゴールを叩き込んでおり、これぞ「10番」という活躍ぶりを見せつけている。オリンピック本大会での躍動にも期待が高まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】豪快なゴラッソ!ヤング・スペイン相手に日本が先制した堂安が4戦連発弾
【関連記事】
吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」
「ゴラッソすぎる」スペイン相手に堂安律の4戦連発弾にファン歓喜!「神!久保もえぐかった」
【U-24日本1-1U-24スペイン|採点&寸評】優勝候補から先制点の10番がMOM!奮闘したDF陣も高評価
「面白かったけど…」「ペドリ怖すぎる」五輪前最終試合は、優勝候補スペインとドロー! ファンの期待も高まる
「トミヤスの放出は正しい」トッテナム移籍が濃厚な冨安健洋の“売却”にボローニャOBが賛同!そのワケは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ