「かなりプラス」だったスペイン戦。「たくさんあった」やれること、改善点を吉田麻也が語る

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月17日

「今日みたいに苦しい試合が続くと思うので、全員でハードワークしないといけない」

スペイン戦に先発した吉田麻也。収穫と課題について語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は7月17日、キリンチャレンジカップのU-24スペイン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。

 日本は序盤、華麗なパスワークを披露するスペインに押され、いくつかピンチを迎えたが、なんとか水際で防ぐ。すると、効果的なアタックで徐々に形勢を逆転させ、相馬勇紀らアタッカー陣のドリブルを生かしていく。

 42分には久保建英が巧みな身のこなしと柔らかいタッチで左サイドを突破。中央へグラウンダーのボールを送り、これに堂安律が左足で合わせる。強烈なシュートをゴール左上に決めた。

 両チームともに大幅にメンバーを入れ替えた後半、1点ビハインドのスペインの猛攻を受け、劣勢の時間帯が長く続いた日本は、78分に右サイドから崩されて失点した。
 
 金メダル候補との呼び声も高いスペインとの一戦で1-1のドロー。試合後、メディアに「このチームの可能性はどう感じていますか?」と問われた吉田麻也は、次のように答えた。

「可能性は十分あると思いますけど、やっぱり今日みたいに苦しい試合が続くと思うので、全員でハードワークしないといけないです。今日、後半に出たことをもう一回、チーム全体として修正して、次の初戦を迎えたいと思います」

 豊富な経験を誇るオーバーエイジは、押され気味だった後半に修正点があったと見ているようで、こうも続けた。

「やれることもたくさんあったと思いますけど、改善しないといけないこともたくさんあった。今日、本当の優勝候補と戦えたのは僕らにとってかなりプラスになると思うので、ここからどう改善していくかが鍵になると思います」

 確かに主将の言葉は重く、東京五輪の優勝候補から先制点を奪った価値は大きい一方で、長く攻め込まれれば、守備で耐えきるのが難しかった側面もあったかもしれない。そこで重要になるのは、吉田の言う「全員でハードワーク」だろう。

 実りある一戦を東京五輪にどうつなげるか。初戦は7月22日、東京スタジアムで南アフリカと対戦する。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【U-24日本1-1U-24スペイン|採点&寸評】優勝候補から先制点の10番がMOM!奮闘したDF陣も高評価
吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」
「日本のメッシは堂安」「えっぐいメンバー」U-24日本代表が優勝候補スペインと激突! 見守るファンも一喜一憂
「面白かったけど…」「ペドリ怖すぎる」五輪前最終試合は、優勝候補スペインとドロー! ファンの期待も高まる
「1本打っておこうという気持ちで」スペインから見事な先制弾! 一方で堂安律は「選手の本音」についても言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ