「厳正に対処してまいります」鹿島、人種差別・誹謗中傷的を行なう“なりすまし”アカウントに対策を講じると表明

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月14日

サポーターを装い、クラブや選手への心無い発言を繰り返すアカウントが多発

実在の人物になりすまし、差別的、誹謗中傷的な投稿を行なうアカウントによる被害が多発している。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグの鹿島アントラーズは7月13日、SNSでの悪質ななりすましアカウントについて声明を発表した。

 声明によれば、11日に行なわれたJリーグ第22節柏レイソル戦後、SNSにて鹿島のサポーターになりすましたアカウントによって、選手に対して差別的かつ誹謗中傷的な内容を含む投稿が複数回にわたって行なわれたことを確認したという。

 同クラブは12日、小泉武明代表取締役社長も自身のTwitterから「昨日の試合後よりクラブの公式Twitterに対してクラブのサポーターをなりすまし差別的な投稿を送る行為が複数確認されてます。クラブとして、このような行為を断じて許しませんし、今後厳正に対応して参ります。また、他のチームでも同様の事象が起きており、リーグ全体でこの問題に対応して参ります」と発信していた。
 
 なりすます手口は、10日にアビスパ福岡対横浜F・マリノス戦後に、横浜のサポーターに被害が確認された”なりすまし”と同様だ。実在するアカウントから、アイコンの写真やプロフィールの言葉などを無許可で引用し、該当の投稿以外は丸ごとコピー。一目では偽物と見分けがつかないように、”複製”されている。

 鹿島は「当該投稿は、実在する人物のアカウントになりすまして発信されたものであり、極めて卑劣で到底許されるものではありません。Jリーグ及びJクラブでは、差別や暴力のない世界を目指して定期的に各種啓発活動が実施されており、その中でこのような事象が発生したことは誠に残念です」としている。

 そして、「鹿島アントラーズでは今後の再発防止に向け、Jリーグ、SNS運営企業とも連携しながら、厳正に対処してまいります」と対策を講じていく方針を明かしている。

 こうした投稿は、アカウント停止の対象となるため、見つけた場合は拡散するのではなく、スクリーンショットなどで記録し、速やかに報告することが望まれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
Jのサポーターになりすました悪質なアカウントが多発! クラブや選手を誹謗中傷、人種差別的な投稿を行なう
「断罪されるべき」川崎がSNSでの“なりすまし誹謗中傷”に弁護士対応。サポーターへ情報提供を呼びかけ
「悪用者を排除すべき」PK失敗のサカら3選手にSNSで人種差別・誹謗中傷が殺到、FAが怒りの声明!
「絶対に謝らない」PK失敗の英代表ラッシュフォード、人種差別被害に対して毅然とした態度を表明
「ファンではないし、そんな人はいらない」主将ケイン、PK失敗3選手への人種差別行為に怒り

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ