Jのサポーターになりすました悪質なアカウントが多発! クラブや選手を誹謗中傷、人種差別的な投稿を行なう

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月11日

巧妙に複製された偽物に注意を

Jリーグのファンになりすます、悪質なアカウントが横行している。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 非常に性質の悪いSNSの悪用が、ネット上で広がっている。

 7月10日に行なわれたJリーグ第22節で、アビスパ福岡は横浜F・マリノスに0-2で敗戦。この試合後、福岡のエミル・サロモンソンのTwitterに、対戦した横浜のサポーターと思われるアカウントから、人種差別的な表現を含むリプライが送られた。

 これにサロモンソンは「ショックだ」と反応。英語で「こんなツイートを日本で見ることになるとは思わなかった。人種差別は絶対に許されることではない」と綴り、悲しみを露わにした。

 しかし、この投稿はある横浜のサポーターを装った、フェイクのアカウントであることが発覚。別のサポーターがそれを指摘すると、サロモンソンは「(リプライを送ってきた)アカウントはハッキングされていた!この人の印象をひどいものにしようとしている」と発信し、本来の持ち主には「愛をこめて」と気遣いも見せた。
 
 フェイクのアカウントは非常に巧妙に、本来のアカウントからアイコンの写真やプロフィールの言葉などを無許可で引用し、該当の投稿以外は丸ごとコピーしているようだ。ユーザー名も、元の英字アカウントにアンダーバーをひとつ増やしただけで、一目では偽物と見分けがつかないほど巧妙に”複製”している。

 さらに、被害は一件にとどまっていない。同日、大分が浦和との一戦に勝利した投稿にも、同様の方法でアカウントを“複製”したなりすましが、浦和に対して人種差別の表現が含まれるリプライを送っている。ほかにも、横浜や川崎サポーターのなりすましが、浦和と横浜の公式アカウントに対し、誹謗中傷と取れる投稿を行なっていることが確認できる。

 同様のトラブルは約1年前にも問題視されており、川崎フロンターレが顧問弁護士をたてて対応すると発表するまでになっていた。

 こうした投稿はアカウント停止の対象となるため、見つけた場合は拡散するのではなく、スクリーンショットなどで記録し、速やかに報告することが望まれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「断罪されるべき」川崎がSNSでの“なりすまし誹謗中傷”に弁護士対応。サポーターへ情報提供を呼びかけ
グリエーズマン、「正式に抗議する」と表明した三木谷浩史氏に直接謝罪か。スペインのラジオ局が報道
「父親と一緒に死ぬべき」苦境のピルロ、17歳愛息への誹謗中傷に嘆き「全く関係ないのに…」
「相手が苦しむ可能性があると…」ペップが絶えないSNSでの誹謗中傷に持論!「我々だってミスをする」
マンUがソン・フンミンへ侮辱発言のファン6名の“出禁”を発表!誹謗中傷が350%増加、衝撃の調査結果も報告

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ