日本を救った堂安。ホンジュラス戦の3点目の価値は極めて高かった【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月12日

そのゴールの価値が高かった理由は…

試合後半に貴重なゴールを決めた堂安。10番の貫禄を見せつけた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪に出場するホンジュラスも圧倒した前半のU-24日本代表は素晴らしかった。堂安と久保の素晴らしいコンビネーション、酒井の鋭いプレスバックをはじめ、個人を見ても、チームとしても良いところが目立った印象だ。

 オーバーエイジの3人(酒井、遠藤、吉田)が加わってから、日本は明らかに安定感を増した。とりわけ、遠藤と田中のボランチコンビと4バックの落ち着きは特筆に値するレベルで、だからこそ攻撃陣も安心してプレーできたのだろう。

 しかし、後半に入ると日本の勢いが衰える。ホンジュラスがフレッシュなメンバーを早めに投入したからでもあるだろうが、前半ほど押し込めなかった原因は他にもある。

 欠けていたのはひと言で組織力。スタメンの11人がまるで糸でつながっているようにも見えた前半に比べれば、後半はチームとしての機能性がいまひとつだった。田中が交代したあとの中盤は組み立ての局面でややスムーズさを欠き、酒井と吉田がピッチを去ったとの最終ラインはどっしり感が少し失われた感もあった。

 本番を想定すると、田中、遠藤、酒井、吉田、冨安はポジション的にも“無傷”で済まない可能性が高い。彼らが累積警告で出場できない試合もありそうだが、そういう事態を乗り越えて勝利を掴まないといけない。その意味で、田中、酒井、吉田らが抜けたあとのホンジュラス戦こそ本番に向けた“貴重なテスト”であり、そこで相馬のアシストから堂安がスライディングで押し込んだゴールは極めて価値が高かった。
 

 2-0から1点を返され、76分に前田が決定機を外す。ホンジュラスに流れが傾きかけたタイミングで、日本を救ったのが堂安だったのだ。3-1となったあと、ホンジュラスから勢いが消え去ったのは決して偶然ではないだろう。

 吉田、酒井、遠藤の参戦でチーム力がアップしたのは確かだ。しかし、彼らに頼ってばかりではきっと金メダルに届かない。サブを含むU―24世代の選手たちがいつどこで起用されても一定以上のパフォーマンスを保証しないと、ハードスケジュールでの短期決戦(今大会はほぼ中2日で行なわれる)を勝ち抜けないはずだ。

 オーバーエイジなどを欠く今回のようなシチュエーションは本大会でもきっとある。それをホンジュラス戦で体感でき、緊張感があるなかで3-1と突き放せたのは大きい。堂安が決めたあの3点目は、選手をより団結させるうえで、そしてチームに自信を与えるうえでも、大きな一発だった。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【五輪代表PHOTO】ヨドコウ桜スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「さすが日本の10番!」「優勝あるよね?」U-24日本代表がホンジュラスを振り切って勝利! サポーターが驚愕した出来事とは?
U-24日本、ホンジュラスに3-1快勝! “仮想メキシコ”の一戦を吉田の先制弾と堂安の2発で制す
「神ゴール過ぎる」「林の落とし完璧」見事なコンビネーションから奪った堂安律の追加点に称賛の声!
「久保、堂安って最強?」「吉田冨安の安心感」ホンジュラス戦でU-24日本代表が躍動! ファンも歓喜の声

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ