U-24日本、ホンジュラスに3-1快勝! “仮想メキシコ”の一戦を吉田の先制弾と堂安の2発で制す

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月12日

前半は日本が圧倒するも後半はホンジュラスの反撃を許す展開

堂安が1試合2発の活躍で勝利に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24ホンジュラス代表の一戦が7月12日、ヨドコウ桜スタジアムで行なわれ、3対1で日本が勝利を収めた。

 五輪本番へ向けた試金石の一戦。北中米カリブ海予選2位で「仮想メキシコ」となるホンジュラスに対し、日本は立ち上がりからアグレッシブな守備でホンジュラスを押し込み、ゴールに迫っていく。13分には、敵陣右サイドでFKを得ると、久保建英のクロスに敵のマークを外した吉田麻也が右足で流し込み、ネットを揺らす。日本が早くも先制に成功した。

 その後もボールを支配した日本は、ホンジュラスを圧倒。40分には、左サイドからの冨安の折り返しに反応した三好康児がスルー。これを受けた林大地がポストプレーで収めると、その落としを堂安律が右足で叩き込んだ。日本が2-0とリードを広げて前半を終了した。
 
 迎えた後半も日本は相手ゴールに迫るが、ホンジュラスの粘り強い守備を崩しきれず、逆に反撃を許す場面も生まれる。すると66分、日本は中盤でボールを奪われると、スルーパスを通され一気に自陣ゴール前へ攻め込まれ、最後は相手のシュートをクリアしきれず、オウンゴールで1点を返されてしまう。

 日本は失点を機に再び前線からのプレスを強め、相手ゴールへのダイレクトなプレーが増え始める。70分すぎには三好からのアーリークロスに反応した途中出場の前田大然がスピードを活かして抜け出し、ワンタッチでシュートを放つが、これは相手GKの好守に阻まれゴールならず。

 しかし日本は85分、左サイドを駆け上がった交代出場の相馬勇紀のクロスに堂安がスライディングで合わせ、この日2点目をゲット。日本が3対1とリードを広げる。

 試合はこのままタイムアップ。日本がホンジュラスを相手に3対1で勝利を収めた。日本は17日のスペイン戦を経て、22日の五輪初戦・南アフリカ戦を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【セルジオ越後】後半のペースダウンは大きな課題…「金メダルを目指す」って王者みたいな雰囲気だけど大丈夫?
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「素晴らしい集団プレーを前に…」ホンジュラス・メディアが日本の五輪チームに脱帽!「DFを切り裂かれた」
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
「ボールを運ぶことすらできなかった」U-24日本代表の強さにホンジュラス指揮官も脱帽!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ