「強い相手にゲーム勘が取り戻せた」3発ホンジュラス撃破に森保監督は手応え!「確実に前進できた良い試合」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月12日

「1か月くらい試合をしていなかった選手が多くて…」

ベンチからメモを片手に指示を送る森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪の初戦を10日後に控えるU-24日本代表は7月12日、U-24ホンジュラス代表との強化マッチを実施した。

 立ち上がりから日本が押し込むなかで、試合が動いたのは13分。久保建英のFKに、上手くマークを外した吉田麻也が右足で合わせ、ネットを揺らした。先制して勢いに乗った日本は40分にも好連係から堂安律が右足で流し込み、追加点弾を奪う。

 後半に入ってやや相手にボールを持たれる時間が増えると、66分に自陣ゴール前での混戦から冨安健洋がオウンゴールを献上。だが85分に途中出場の相馬勇紀のクロスから堂安がこの日2点目を奪い、再び2点差とした。

 結局、試合はこのまま終了。五輪でも対戦の可能性のある北中米カリブ海代表を相手に、日本は3-1で快勝を収めた。

 試合後、インタビューに応じた森保一監督は、コンディション面で調整が難しいなかでも、きっちりと掴んだ勝利に手応えを示している。
 
「1か月くらい試合をしていなかった選手が多くて、なかなか難しい試合でしたけど、このスタジアムのサポーターのみなさんと、テレビの前で応援してくださっているみなさんが声援を送ってくれたおかげで良い準備ができたと思っています」

 17日のスペインとの強化試合を終えると、いよいよ22日に南アフリカ代表、25日にメキシコ代表、28日にフランス代表との東京五輪のグループステージを迎える。日に日に近付く本番に向け、指揮官はさらなるレベルアップも誓った。

「完成度という意味ではまだまだ上げていかなければいけないところはありますけど、チームの今の選手のコンディションの状態からすれば、今日の試合で強い相手にゲーム勘が取り戻せた、ゲームの体力がしっかりと上がった、そしてチームのコンセプトがしっかり共有できたというところでは確実に前進できた良い試合だったと思います」

 史上最強ともうたわれるヤングジャパンは、悲願の金メダルを獲得することはできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保のお膳立てからキャプテン吉田が技あり先制弾

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

【五輪代表PHOTO】ヨドコウ桜スタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
「さすが日本の10番!」「優勝あるよね?」U-24日本代表がホンジュラスを振り切って勝利! サポーターが驚愕した出来事とは?
【U-24日本3-1U-24ホンジュラス|採点&寸評】“仮想メキシコ”に快勝! 2発のエースとCBの2人を高評価
「ボールを運ぶことすらできなかった」U-24日本代表の強さにホンジュラス指揮官も脱帽!
「もっと向上しないといけないところはある」ホンジュラス戦で2得点の堂安律が課題を挙げる
日本を救った堂安。ホンジュラス戦の3点目の価値は極めて高かった【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ