仙台vs札幌は1-1ドロー決着。大卒ルーキー真瀬拓海が豪快ボレー弾でプロ初ゴール!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月10日

阪南大卒のルーキー真瀬がプロ初ゴールをマーク

大卒ルーキーの真瀬が初ゴールを決めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは7月10日、各地で22節の3試合を開催。ユアテックスタジアム仙台では、ベガルタ仙台対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 試合は開始4分に動いた。アウェーの札幌は縦パスを受けたチャナティップがワンタッチで中央へ入れると、ワンタッチパスが次々繋がり、右サイドから走り込んだルーカス・フェルナンデスのもとへ。これを背番号7がワントラップから右足一閃でゴール左に叩き込んだ。札幌が先制する。

 しかしホームの仙台も反撃に移ると、30分過ぎの飲水タイム明けに札幌ゴールを急襲。敵陣中央でボールを収めたフェリペ・カルドーゾが左へ展開。パスを受けた赤﨑秀平がクロスを上げると、これを走り込んだ真瀬拓海が右足で豪快にボレーでねじ込んだ。阪南大卒のルーキー真瀬のプロ初ゴールで仙台が追いついた。
 
 1対1で迎えた後半は、ともにチャンスを迎えゴールに迫るものの、59分の真瀬のボレーシュートはクロスバーを直撃。2点目とはならず。一方の札幌も78分に金子拓郎のシュートがポストを叩き、得点には至らない。

 結局、試合は1-1の引き分けに終わり、互いに勝点1を積み上げた。仙台は降格圏からの脱出はならなかったものの、勝点17で16位の柏レイソルと勝点で並んだ。札幌は同29で10位に浮上している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「侮辱的で不適切な行為」浦和戦におけるF・カルドーゾの振る舞いを仙台が謝罪。Jリーグからも厳重注意
サガン鳥栖・金明輝監督が“行き過ぎた”指導と言動で、3試合の指揮資格停止。処分は今後協議で決定
【2021・夏の移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、監督動向まとめ(8/10時点)
「自信をくれて、たくさんの経験をさせてもらった」板倉滉が仙台への感謝と五輪への意気込みを語る
三笘薫は3位! J公式が「J1リーグで1番ドリブルを成功させている選手」を発表。1位は札幌の日本人MF

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ