「侮辱的で不適切な行為」浦和戦におけるF・カルドーゾの振る舞いを仙台が謝罪。Jリーグからも厳重注意

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月08日

「コンプライアンス、インテグリティの研修をチームとして実施」

浦和戦で不適切な行為が確認されたF・カルドーゾ。クラブ側は「リスペクト精神を欠くもの」と同選手に厳重注意した。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 ベガルタ仙台は7月8日、同3日に行なわれたJ1リーグ第21節・浦和レッズ戦におけるフェリペ・カルドーゾの行為について声明を出した。

 同試合でF・カルドーゾに「侮辱的で不適切な行為があったことが確認されました。同行為につきましては、リスペクト精神を欠くものであり、Jリーグからの厳重注意を厳粛に受け止め、改めて当クラブから当該選手に厳重注意をいたしました」と明らかにした。

 また、「このたびは、浦和レッズの関係者の方々をはじめ、両クラブのファン、サポーター、サッカーファンのみなさま、Jリーグおよび、各クラブの関係者の方々にご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。7月中旬からのリーグ中断期間に「コンプライアンス、インテグリティの研修をチームとして実施し、今後に向けて再発防止に努めてまいります」とした。
 
 クラブ側は具体的な事象については明記していないが、浦和戦でF・カルドーゾは試合終了間際、セットプレーの場面で相手選手と激しくやり合い、その後、ひと悶着があった。競り合いでのプレーでF・カルドーゾにはイエローカードが提示されている。

 今年4月にブラジルのサントスFCからの期限付き移籍で仙台に加入したF・カルドーゾは、この浦和戦が5試合目の出場。試合は0-0のスコアレスドローで決着している。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】J1第21節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
 
【関連記事】
「永久追放だ」PK前のデンマーク守護神への卑劣なレーザー攻撃に非難殺到。「弁解や正当化の余地はない」
「PKではないPKに苛立つ」デンマーク指揮官は判定に不満「失望し、言葉がない」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」
「屈辱的だ」イタリアの主将キエッリーニの振る舞いをスペイン人記者が批判! 英紙は「心理戦を制した」
「今すぐ踊れよ!」メッシが元バルサ同僚のPK失敗をまさかの嘲笑! 感情的な姿に世界騒然「怒るのは珍しい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ