【三浦泰年の情熱地泰】元巨人・槙原寛己さんが思わず漏らしたSNS動画への一言。指導者にとってまさに「新時代」が到来?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月02日

多くのプロの試合を日常的に見られるようになった!

いまや子供たちは日常的に世界のサッカーに触れられるようになった。動画アプリでも様々な形でレクチャーを受けられる機会が増えている(写真はイメージ)。(C) Getty Images

画像を見る

 週に2回、近くの公園にある小サッカー場で小学生4年生(10歳)~6年生(12歳)の少年たちにサッカーの指導をしている。2004年に世田谷区で立ち上げ、18年目を迎えたサッカークラブ「FCトッカーノ」の少年たちにだ。

 先日、息子さんがクラブの2期生である槙原寛己さん(元巨人軍)が、公園でジョギング&ウォーキング(散歩)をするために偶然にも現われ、声を掛けてくれた。

「やっさん、いるかなーって……トッカーノかな?と思って」と。

 年々、少年たちも上手い子が増え、強くなって来ている、などと短い会話の中で近況を話したが、野球も同様に少年のレベルが上がっていると槙原さんもおっしゃっていた。

 槙原さんが冗談で言っていたが、変化球の握り方をYouTubeで無料で教えている映像に、「俺も若い時、見たかったよ」と言っていた……。

 もちろん槙原さんは野球界を引っ張って来た功労者であり、今の野球界の発展に影響を与え続けてきた人のひとりだ。そして今の代表的な選手が大谷翔平(エンゼルス)なのだろう。

 サッカー界も同じ状況だ。YouTubeやInstagramといったSNSの影響は当然大きい。

 一方でサッカー界にもたくさんの功労者がいる。そして、僕のようなJリーグや海外を経験した指導者やコーチも増えた。

 しかしそれ以上に子供にとって凄い時代になったのは、海外の凄いレベルのサッカーが日常的に見られるようになったことだ。

 今であればユーロ2020にブラジルで行なわれている南米選手権。少し前であればチャンピオンズ・リーグ。もちろんプレミアからリーガ、ブンデス、セリエAなどなど。有料チャンネルではあるが、いつでもハイレベルなサッカーを見られる時代になったのだ。

 2002年の日韓共催で行なわれたワールドカップの頃に生まれた子たちに、サッカーをやらせた親御さんがたくさんいたとしたら、その子たちが世界のサッカーを知る機会は明らかに変わったであろう。

 衛星チャンネルからネットテレビ。見れない国の映像はない、に近い時代に突入。しかしそれは僕がクラブを立ち上げた時代から、すでに変わって来ていたのが事実だ。

 今はさらに状況が変わった。SNSによる無料アプリなどで発信されているサッカー動画もある。新時代なのであろう。
 
 見せ方も様々であり、若者や子供向けに珍プレー、好プレーを編集した動画集もあれば、トレーニング風景からトレーニングメニューの紹介など、何でも見れるようになっている。

 興味のない人までが気になる見せ方。学びたいものは何でも簡単に手に入る(見れる)。ライセンスを持つ人、プロだけでなく、色んな幅広い人が発信できる。

 モウリーニョやグアルディオラがどんな指導をし、何を言っているかまで知ることができる。

 15歳でブラジルに旅立ったカズが、日本に送って来てくれたサントスのビデオ。字幕スーパーなど入る訳でもなく、もちろん音楽入りでもない。サッカーが上手いブラジル人選手たちの紅白戦(ゲーム)に驚き、よく見ていると何かが違う。ツータッチゲームなのである。

 誰ひとりミスすることがない。トラップがズレて、スリータッチになる選手などはまずいない。当時の日本は、ツータッチという制限だけで精度の落ちる時代で、ブラジルの映像にびっくりしたものだ。

 今では解説つきで細かい戦術から技術までレクチャーする動画もある。僕の教える10歳の子供はツータッチでのパス回しどころか、「ツーワン」というツータッチで回されてきた次はワンタッチしか出来ない、というプロでさえ簡単ではない規制もスムーズにプレーできる。

 凄い時代になったものだ。
 
【関連記事】
「日本のメディアは我々を無視」W杯最終予選で同居した中国の反応は?「もはや敵と見なしていない」
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
「ライバルと対決」最終予選で日本と対戦するオーストラリアのメディアは、組分けに喜色満面「中東への遠征は最低限に」
「W杯には絶対出場する」森保監督が最終予選へ決意表明!初戦のホーム、オマーン戦で懸念されるのは…
「日韓戦はなしか」「グループA地獄かよ」日本代表のW杯アジア最終予選の組み分け決定! ファンの反応は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ