「とても失望した」退任する独代表指揮官レーブが、名指しで批判した名手は?

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月01日

「全員が想像した別れではなかった」

ドイツ代表監督を退任するレーブ。有終の美を飾れなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月29日にEURO2020の決勝トーナメント1回戦で、ドイツはイングランドに0-2で敗北。3大会連続でベスト4以上に進んでいたチームが、早々に大会を去った。

 今シーズン限りでの退任が決定していたヨハヒム・レーブ監督は、有終の美を飾れなかった。

 2006年7月から15年に渡って長期政権を築き、2014年のブラジル・ワールドカップでは4度目の世界制覇に導いた指揮官は、試合後の会見でまず、早期敗退を謝罪した。スペイン紙『AS』などが伝えている。

「我々全員が想像した別れではなかった。激動の4週間だった。私は常にこのチームを信頼し、信じてきた。ファンを失望させて申し訳ない」

【動画】「あれはイングランドがすることだ」名手ミュラーの信じられない決定機逸はこちら

 またこの15年を振り返り、「この責任を負うことは容易ではない。美しいことだけではなかった。しかし、最前線で15年を過ごした後、身を引くことを嬉しく思う」と語っている。

「美しくないこと」のひとつには、メスト・エジルの問題もあるようだ。レーブの下で司令塔役を担ってきたMFは、2018年のロシアW杯終了後に、トルコにルーツがある自身に対する人種差別や敬意の欠如があったと主張し、代表を引退した。

 指揮官と話をすることなく、一方的に代表に別れを告げたことに、レーブは「個人的には、とても失望した」とコメント。ただ、「また話をする時が来るだろう。メストは我々にとって。非常に重要な選手だった」と続けている。

「(EUROやW杯などの)トーナメントで常にトップ4に入るのは非常に難しい。しかし、我々は何度もそれを達成した。我々のスタイルとサッカーで、多くの人にインスピレーションを与えたんだ」

 最後は望んだ結果を残せなかったものの、一時代を築いた名将は、誇り高くその任務を終えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】白熱のEURO2020を盛り上げる各国の美女サポーターを厳選!
【関連記事】
ポグバのミスを責め、エムバペを「ごう慢」呼ばわり…フランス代表の家族がスタンドで大口論!
「恥ずかしい」C・ロナウドの信じ難い“愚行”に母国ファンが怒り!「ポルトガルに対して無礼だ」
「信じられない」名手ミュラー、痛恨の絶好機逸が反響! 「どうやって外したんだ…」 
EUROのベスト8が出揃う!“死の組”突破3か国が全滅の波乱。準々決勝のカードは?
「あいつは詐欺師」敗退したポルトガルのFWをロイ・キーンが酷評!「私なら詰め寄っている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ