マンCやアーセナルが獲得を狙うA・シウバ。新天地はRBライプツィヒ?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月30日

2300万ユーロの移籍金で合意?

昨シーズン28ゴールと大爆発し、ブンデスリーガを代表するストライカーとなったA・シウバ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月29日、ドイツ紙『ビルト』は、フランクフルト所属でポルトガル代表FWのアンドレ・シウバがRBライプツィヒ移籍に迫っていると報じた。

 

 同紙によると、RBライプツィヒはこの25歳のストライカーの移籍金として、2300万ユーロ(約28億7500万円)を提示しているようだ。


 A・シウバは昨シーズンのブンデスリーガ32試合で28ゴールをマークし、目下売出し中のアーリング・ハーランドを抑えて得点ランキングの2位に入る活躍を披露。フランクフルトをヨーロッパリーグ出場圏内の5位に押し上げる原動力となった。

 

 この活躍もあり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、多くのメガクラブが触手を伸ばす人気銘柄となっている。

 ポルトガル代表として出場したEURO2020では3試合に出場(いずれも途中出場)するも無得点。残念ながら決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた母国を救うことはできなかったが、出場時間が短かったため市場価値に大きなダメージはなかったはずだ。
 

 そんなA・シウバについて、6月29日に行なわれたフランクフルトの新監督就任会見に出席したオリバー・グラスナー監督は、同じく移籍が噂されるフィリップ・コスティッチとともに言及。

 

「もちろん慰留に努めるよ。彼らは非常に素晴らしい選手だ」と、あくまでも残留を望む発言をしつつも、「ただ、現代のサッカー界ではどういうシナリオになるかは予想できない」と語っている。

 

 ポルトガル代表ストライカーの獲得に近付いているというRBライプツィヒは、昨シーズンは2位に入ったものの、チェルシーに移籍したドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの穴を埋めきれず、FW陣の決定力不足が顕著だった。

 

 一方のフランクフルトはコロナ禍における財政難に苦しんでおり、主力選手の売却は不可欠と言われている。

 

 双方にとってメリットのあるディールはこのまま合意となるのだろうか。ブンデスリーガを代表するストライカーの今後の動向に注目だ。

 

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【関連記事】
「恥ずかしい」C・ロナウドの信じ難い“愚行”に母国ファンが怒り!「ポルトガルに対して無礼だ」
「クオリティを飛躍的に向上させる」鎌田大地のセビージャ移籍に地元紙が太鼓判!「ドリブルを止めるのは難しい」
レジェンドのS・ラモスを実質クビにしたペレス会長に称賛の声が多い理由
進まないバルサの人員整理。ウンティティに関しては契約解除も含めて法的手段を検討か
「40歳までプレーする気だ」長谷部誠の鉄人ぶりにドイツ紙が感嘆!コンディション維持の“秘密兵器”に同僚からリクエストも?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ