• トップ
  • ニュース一覧
  • 「100回見ないと分からない」ベンゼマの“変態トラップ”に世界衝撃!オーウェンもベルカンプ・ターンより上と断言

「100回見ないと分からない」ベンゼマの“変態トラップ”に世界衝撃!オーウェンもベルカンプ・ターンより上と断言

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月29日

「インポッシブルなものを発明した」

圧巻のゴールを決め、走り出すベンゼマ。(C)Getty Images

画像を見る

 “変態トラップ”が、熱視線を浴びている。

 現地時間6月28日に開催されたEURO2020の決勝トーナメント1回戦で、フランス(F組1位)はスイス(A組3位)とルーマニアで激突。開始15分にハリス・セフェロビッチに先制点を許すも、57分だった。

 キリアン・エムバぺからペナルティエリア中央でカリム・ベンゼマはパスを受けるが、タイミング少し合わず、ボールは背番号19の後方へ流れてしまう。しかし、ベンゼマは身体はゴール方向に向けながらも左足だけを目いっぱい後ろに伸ばし、引っかけるような形でコントロール。絶妙に前へ持ち出すと、最後は前に出てきた守護神ヤン・ゾマーの動きを冷静に見極め、鮮やかにネットを揺らしてみせたのだ。

【動画】芸術点MAX!ベンゼマが見せた衝撃の“変態トラップ”(29秒~)

 今大会で5年半ぶりに代表復帰した33歳が見せた神業には、イギリス『ITV Football』の公式ツイッターも「今まで長いこと見てきたなかで、史上最高のタッチだ」と激賞すれば、スペイン紙『Marca』も「100回見ないと分からない、ベンゼマのありえないコントロール。猫は長靴を履いてインポッシブルなものを発明した」とお手上げ状態だ。
 
 また、元イングランド代表FWマイケル・オーウェンもツイッターで「ベンゼマのタッチは、(デニス・)ベルガンプのニューカッスル戦のものよりも優れている」と、オランダ代表のレジェンドがアーセナル時代の2002年に見せた伝説の“ベルカンプ・ターン”を引っ張り出し、インパクトの大きさを訴えている。

【動画】超絶技巧が炸裂!ベルカンプが決めた“伝説のターン弾”はこちら

 なお、エースの芸術弾で追いついたフランスがその後、ベンゼマの2点目、ポール・ポグバの華麗なミドルシュートで、一気呵成に3-1と突き放すが、食い下がる相手に終盤に2発を叩き込まれ、まさかの土壇場で試合は振り出しに。

 結局、延長を経てPK戦に突入した結果、スイスが5人成功したのに対し、フランスは5人目のエムバぺが痛恨の失敗。優勝候補筆頭と目されながらも、決勝トーナメント1回戦で涙をのんでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「スイスに遠く及ばなかった」フランス代表レジェンドがEURO敗退の母国チームを痛烈批判!「本当にがっかりだ」
「恥ずかしい」C・ロナウドの信じ難い“愚行”に母国ファンが怒り!「ポルトガルに対して無礼だ」
「まるで神話、何も起こらない」元英代表FWがC・ロナウドのFKを批判! EURO通算で28本蹴ってまさかの…
「誰も真似できません」「一瞬時間止まりました」“ピクシー”31年前の名シーンにファン感嘆
「彼は悲しんでいる」エムバペの痛恨PKミスでEURO敗退のフランス、デシャン監督も沈痛「弱さを露呈してしまった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ