「コメントにもやられました」浦和・小泉佳穂、J1初ゴール本人解説にファン歓喜!「最後のひと文がキュンです」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月29日

「実際は考えている、というよりは…」

福岡戦でチームに勢いをもたらす先制弾を決めた小泉。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグの公式ツイッター上で行なわれている、選手がプレー時に考えていた事を、勝手に質問するという人気企画「#教えてほしいJ」で浦和レッズの小泉佳穂が決めたJ1初ゴールが取り上げられた。

 6月27日のJ1リーグ20節、アビスパ福岡戦で先発した小泉は11分、右サイドの西大伍からの横パスを受けると、ドリブルで1人をかわし左足でミドルシュート。これがゴール右スミに突き刺さり先制に成功した。

 このゴールが小泉のJ1初得点。強烈な弾丸シュートにリカルド・ロドリゲス監督も渾身のガッツポーズを披露した。

 J公式は、動画とともに「ドリブルからシュートまで何を考えていたのでしょうか?」と質問すると、反応した小泉は以下のように回答した。

「相手の視線が切れたのを見て、逆をついて止まってボールを受けました。あとはひたすら相手から遠い足でボールを保持すること、とにかく思い切り振り抜くことを意識しました。

 実際は考えている、というよりは、経験則による直感の連続に近いかなと思います。こんな感じでいいのかな。笑」

【動画】スーパーショットが炸裂!小泉佳穂のJ1リーグ初ゴールをチェック!
 
 これらの投稿にファンも歓喜し、以下のようなコメントが寄せられている。

「本人から後日冷静な状況かつ本人の言葉で解説してもらえるのは興味深くとてもタメになります」
「コメントにもやられました」
「ボールを受けたら(受ける時)、いつもゴール方向に向かうトラップがファーストチョイスになってますよね。本当に素晴らしいです」
「プレーの言語化、難しいですね」
「これからもどんどんシュート撃ってほしいです」
「オフ・ザ・ボールの動きほんと上手で尊敬してます!!」
「相手のことよく見てるなぁ凄いなぁと思いました!シュートも最高にかっこよくて痺れました」
「水沼さんの『うお!』が好き」
「マジで上手すぎです」
「凄い!!そういう事だったのですね。目が何個付いてるのですか」
「ワールドクラスのゴール。ワクワクしました!」
「シュート時の心境を本人から直接発信して頂けるとは。。。いやはや、凄い時代になってきましたねえ」
「最後のひと文がキュンです」

 現在の浦和のキーマンとなりつつある小泉から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和2-0福岡|小泉が上質なショータイムの主役に!ユンカーはPK失敗も…
来季浦和内定の流経大DF宮本優太が明かす2つの転機――高3夏の厳しい現実と曺貴裁コーチの金言
浦和レッズは大型補強でどう変わる?後半戦のベスト布陣を探る
ユンカーとのホットラインに期待!江坂任が掲げる浦和でのビジョン「プラスアルファになる」
「こんなところでもユンカー効果!」フラッグショップでデンマーク国旗の注文が急増!「浦和サポおそるべし」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ