「チームになじむためには…」ボーフム監督が、新戦力・浅野拓磨の“合流遅れ”を懸念? 現地紙が報じる

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月27日

浅野は1週間遅れで合流予定

ボーフムを1部昇格に導いたレイス監督(左)が浅野(右)ら新戦力への懸念を明かした。(C)Getty Images

画像を見る

 2020-21シーズンのドイツ2部を制覇し、09-10シーズンぶりの1部復帰を決めたボーフムが、新シーズンを見据えて始動したと、6月25日付けで現地紙『RUHR24』が報じている。

 チームは週明けの28日から稼働するが、日本代表活動を終えたばかりの新戦力、浅野拓磨は1週間ほど遅れて合流する見込みのようだ。

 ボーフムでスカウト、下部組織やセカンドチームの監督、トップチームのアシスタントコーチなどを務めた後、19年9月に指揮官となったトーマス・レイス監督は、浅野を含めた選手たちの合流の“遅れ”を、やや懸念しているようだ。

「チームになじむためには、当初の予定より時間が必要だろう」とコメントしている。浅野も、即戦力として期待されているだけに、早期の合流を望んでいるというのが本音だろう。
 
 また、起用法についてはトップのほか、10番やウイングでのプレーも期待されているという。シュツットガルトやハノーファーでプレーした経験もあり、「ドイツのサッカーを熟知している」と期待は高まっている。

 1部復帰戦となる開幕カードは、8月14日または15日開催のヴォルフスブルクとの一戦となる。クラブと浅野にとって久々のブンデスリーガの舞台で、インパクトを残せるか。大事なプレシーズンが始まろうとしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「大きな一歩を踏み出せた」田中碧が独2部デュッセルドルフへ買い取りOP付きで期限付き移籍!クラブSDは争奪戦を明かす
アラベス移籍の原大智、ライバルは元アーセナルのストライカーか。現地メディア「レギュラーを争う」
「最高なメンバー」堂安律、五輪代表メンバーらとの練習再開をインスタ報告!「笑顔がいい!」とファン歓喜
「40歳までプレーする気だ」長谷部誠の鉄人ぶりにドイツ紙が感嘆!コンディション維持の“秘密兵器”に同僚からリクエストも?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ