絶品アシストで好アピールの川辺駿 「見劣りしないようにしなければ」と代表で感じた課題は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月16日

「アドがそこに入ってくるのは分かっていた」

前節・タジキスタン戦に続き先発を果たした川辺。31分のアシストシーンは見事だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対キルギス代表の一戦は6月15日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本が5ー1で勝利を収めた。

 川辺駿は右ボランチとして先発し、90分間フル出場。躍動感のあるパフォーマンスで好調をアピールした。最大のハイライトは31分に訪れた。力強いドリブルと華麗なツータッチで相手DFを剥がし、オナイウの2得点目をお膳立てしたシーンは素晴らしかった。

 試合後の会見に出席した川辺は、この場面について。

「横パスを自分の前に付け、そのままチャンスがあったので上がって行きました。(オナイウ)アドがそこに入ってくるのは分かっていたので、上手くアイコンタクトをし、裏を取っていた瞬間に、キーパーとディフェンスの間に良いボールを入れられました」
 
 所属するサンフレッチェ広島で見られる‶飛び出し”が発揮できたシーンで「代表戦の何試合かはあまり飛び出しが無かったので、今日は少しのチャンスがあればやろうと思っていた」と話し、「上手く決定機が作れて良かった」と振り返る。

 後方からの飛び出しという自身の特長に対しては「回数と質」の向上を目指す一方で、大きな課題として、遠藤航や守田英正ら同ポジションのライバルが持つ「球際の部分」や「奪い切る力」を挙げ、「見劣りしないように成長させなきゃいけない」と話した。

 代表で良い刺激を受けた25歳のMFは、今後どのような成長を遂げるのか。代表だけでなくクラブでの活躍も見逃せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ダブルタッチ上手すぎ」「世界にバレてしまう」川辺駿が華麗なドリブル突破から完璧クロス! アシストをファン絶賛
【バイタルエリアの仕事人】vol.5 川辺 駿|「一切無駄がなかった」広島の司令塔が語った理想の形と苦境との向き合い方
【日本代表5-1キルギス|採点&寸評】オナイウは見事なハットトリック! 川辺、坂元らもアピール
【釜本邦茂】大迫不在を感じさせなかったオナイウ。国内組の奮起で最終予選がますます楽しみになってきた!
どうした原口元気。キルギス戦で見受けられた違和感【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ