【横浜】T・マルチンスと松永暫定監督が指揮官退任の苦悩を語る。23日の鳥栖戦の指揮については…

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年06月14日

「みんな気持ちが揺らぎ…」(T・マルチンス)

札幌に敗れ、肩を落とす横浜の選手たち。天皇杯でも敗退しているため、残されたタイトルはリーグ戦のみとなった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜F・マリノスは今月10日にアンジェ・ポステコグルー前監督の退任を発表。スコットランドのセルティックの監督に就任するための契約解除だった。そのため13日のルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦・札幌戦は、アカデミーグループダイレクターだった松永英機氏が暫定監督として指揮を執った。

 その第2戦は1-3で敗れ、第1戦(1-1)との合計スコアは2-4となり、横浜は準々決勝へ進出することはできなかった。

 やはり、約3年半も横浜の指揮を執り19年シーズンにはチームをJ1優勝へ導くなど、確かな手腕を発揮してきたポステコグルー前監督の退任の影響は大きかったのだろう。

 CBのチアゴ・マルチンスは「簡単な状況ではありませんでした。みんな気持ちが揺らぎ、急に状況が変わるとうまくいかず、それが結果に出てしまいました」と難しさを吐露し、松永暫定監督も「選手、スタッフはメンタル的にキツい時間を過ごしてきた」と指揮官退任の影響を口にした。
 
 もっとも、繰り広げたのはハイラインの攻撃的な戦い方で、ポステコグルー前監督の遺産は受け継いでいく。

「ヘッドコーチのジョン(・ハッチンソン)、それから(アシスタントコーチの)ショーン(・オントン)とこれまでのやり方や考え方を継続してやっていくので、なにかを変えるということはないです。今日のような試合もありますが、逆にもっともっと精度を上げていくのは練習の中でやっていこうと思います」(松永暫定監督)

 ここで気になるのは、やはり新指揮官が誰になるかだ。ただ、まだ有力な情報はなく、次の公式戦(23日の鳥栖戦)も「現時点では暫定監督としてそのミッションをやっていくことになると思う」と松永暫定監督は答えた。

 ちなみに今月9日にはPK戦の末にHonda FCに敗れて天皇杯の敗退も決まっている。チーム状態は良いとは言えないだろう。果たして新指揮官はいつ決まるのか。そして誰になるのか。今後の続報を待ちたい。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
「本当に寂しい気持ちでいっぱい」「楽しい思い出しかない」退任会見で溢れ出たポステコグルー監督の“マリノス愛”
理にかなっていたオナイウと川辺の投入。中盤と前線の役割が明確になり、2列目が前向きに仕掛けられた
【釜本邦茂】大迫不在のセルビア戦。オナイウも良かったが個人的に期待するのは…
【なでしこジャパン5-1メキシコ|採点&寸評】3ゴールに絡んだ岩渕は別格の存在感!田中もきっちりと結果を残す
東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ