吉田麻也がシメオネとの“電撃トレード”でカリアリに移籍か? 現地メディアも驚愕「狂気にしか思えない」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月11日

「守備のリーダーを失うのは…」

サンプドリアの最終ラインの中核を担う吉田。退任したラニエリ監督からの信頼も厚かった。 (C)Getty Images

画像を見る

 ジェノバの地に適応しようと務め、サンプドリアの最終ラインで存在感を発揮し、ベテランらしいリーダーシップで評価を高めてきた。その吉田麻也を手放すのは、得策なのだろうか。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』は、サンプドリアがカリアリのジョバンニ・シメオネに関心を寄せており、トレード要員としてヤクブ・ヤンクトと吉田の名前が挙がっていると報じた。

 今シーズンの吉田は、セリエAの32試合に出場(先発25試合)。3試合連続でスタメンから外れたことはなく、1得点・2アシストをマークし、シーズン途中に契約延長を勝ち取っている。

 それだけに、サンプドリア専門サイト『sampnews 24』は「今、ヤンクトもヨシダのような守備のリーダーも失うのは狂気に思われるだろう」と、日本代表主将らがチームにとって重要な存在と強調した。
 
 そのうえで、同サイトは「ただ、より深い考察が必要だ」と、サンプドリアにとって、吉田とヤンクトを放出するのに悪くないタイミングとも指摘している。

「ヨシダは8月で33歳になる。ヤンクトはセリエAでのベストシーズンを終えたところだ。そのため、今後、彼らの市場価値が上がるのは難しい。逆に、本人とカリアリの今季から、シメオネのそれは現時点でとても低い。よって、トレードが今後に向けて最高のビジネスになる可能性もある」

 ボローニャの冨安健洋も、アタランタへの移籍が取りざたされている。守備の国イタリアで戦う日本代表のDFたちが、そろってセリエAの別クラブに移籍することがあるのか。まだ先の長い移籍マーケットでの、今後の進展が注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「スタイル良すぎ」「モデルかと…」吉田麻也の公式スーツ姿が大反響! ファンからは思いがけないリクエストも!?
「君の腹立たしいメッセージには…」吉田麻也を13歳年下の同僚が子ども扱い!? SNSでの“バトル”に反響!
「かわいい後輩が削られたら…」危険なファウルに激しく抗議! 吉田麻也が一触即発シーンの意図を説明
「トミヤスはイエスと伝えた」冨安健洋、強豪アタランタと個人合意と伊紙報道! 4年+オプション1年の契約で、年俸は約1.5億円に倍増か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ