「トミヤスはイエスと伝えた」冨安健洋、強豪アタランタと個人合意と伊紙報道! 4年+オプション1年の契約で、年俸は約1.5億円に倍増か

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月09日

移籍成立には両クラブの合意が必要

来シーズンのCLに出場するアタランタへの移籍が取り沙汰されている冨安。 (C)Getty Images

画像を見る

 ボローニャに所属する冨安健洋は、アタランタへの移籍が注目されている。イタリア・メディアによると、本人は条件面で合意しているようだ。

『Gazzetta dello Sport』紙は6月8日、冨安がすでにジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督率いるチームへの移籍に「イエス」と伝えていると報じた。

 記事によれば、4年契約に1年の延長オプションがつく合計5年の契約が準備されているという。サラリーはボローニャとの現行契約から倍増するとのこと。60万ユーロ(約7500万円)から120万ユーロ(約1億5000万円)になるとみられる。
 
 もちろん、移籍成立には両クラブが合意する必要がある。記事によれば、こちらはまだ交渉がまとまっていないようだ。ボローニャがアタランタから買い取り予定のムサ・バロウに加える代替要員の選定が済んでいないという。エブリマ・コリー、ロベルト・ピッコリ、サム・ランメルスらが候補だ。

 守備の国イタリアに挑戦してから2年で大きく評価を高め、リーグを代表する人気銘柄のひとりとなった冨安。近年大きく飛躍し、チャンピオンズ・リーグにも来シーズンで3年連続出場となる強豪アタランタへの移籍は実現するのか。進展に注目だ。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「右CBとして完璧だ」冨安健洋のアタランタ移籍に伊レジェンドが太鼓判!「予想外の早さで完成された選手になった」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「正式にオファーを出した」久保建英のレンタルを、恩師率いるエスパニョールが要請と現地報道!「マドリーは検討中」
「彼がいれば10年安泰」内田篤人&岩政大樹が絶賛した日本人DFは? 「できないことがない」
「これまでにない間合いと圧だった」ドリブラー三笘薫が驚いた日本人DFは? 「抜けると思ったけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ