「チームメイトから良いボールがきた」ミャンマー戦で大量5ゴールを奪った大迫勇也が特に感謝したのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年05月28日

大量5ゴールを挙げ、チームの快勝に大きく貢献

5ゴールを奪った大迫が、ミャンマー戦を振り返った。写真●金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は5月28日、カタール・ワールドカップのアジア2次予選でミャンマー代表と対戦し、10-0で勝利した。

 日本は8分、鎌田大地とのワンツーで相手守備陣を崩した南野拓実が、冷静なシュートでゴールラッシュの口火を切る。22分には、左サイドを駆け上がった長友佑都がクロスを上げると、最後はゴール前で大迫勇也が頭で合わせた。

 続けて大迫はゴールショーを演じる。30分には酒井宏樹が倒されて得たPKを決め、36分には長友からの折り返しのボールを押し込んでハットトリック。吉田麻也が交代したためキャプテンマークも巻いた後半は、49分に南野からのシュート性のボールに触れて軌道を変えて加点。66分には中盤から鋭い縦パスを入れて南野の得点を演出し、88分にもネットを揺らした。
 
 試合後に大迫は、まず大量5ゴールについて口を開いた。

「チームメイトから良いボールがきたので、ゴール前で勝負できました。感謝したいと思います」

 とりわけ、5点のうち2点をアシストした長友に感謝しきりだ。

「試合前から、常にここに欲しいと言っているので、そのとおりのボールが来た。(1点目も)良いボールが来ました」

 6月3日にはキリンチャレンジカップのジャマイカ戦に臨むが、吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹というオーバーエイジ枠を筆頭に、U-24代表に活動の場を移す複数名が抜ける。

「常にベストメンバーで戦えるわけではないので、しっかりと出た選手が責任を持ってプレーすべきですし、いろんな選手にチャンスがあるので底上げができると思います」

 国内組も混ざる次戦、最前線からチームを引っ張る大迫の活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「まさに大迫半端ない」「鎌田うますぎやろ」森保ジャパン、ミャンマー戦前半のゴールラッシュにファン興奮!
「半端ないって!」「祭りだーー」日本代表のエース、大迫勇也がW杯予選2戦連続ハット達成! ファンも熱狂
【森保ジャパン最新序列】久保はセカンドトップの二番手に。大迫、遠藤、吉田らが不動
【ポジション別検証|FW編】強豪国には欧州1部リーグで活躍するFWが存在…求められる大迫の個の進化と、後続の追い上げ
大迫勇也の台頭以前は本田抜擢の奇策も。日本代表の1トップ探しは常に最難関のテーマだからこそ…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ