「クオリティを証明できた」 仙台助っ人FWが上位キラーぶりを発揮! 川崎戦ゴラッソに続き名古屋相手の決勝弾で今季初の連勝に導く

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月26日

積極的な仕掛けから放ったシュートがDFに当たり…

今季2ゴール目を決めたマルティノス。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月26日、各地で16節の9試合を開催。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対ベガルタ仙台の一戦が行なわれ、仙台が1対0で競り勝った。

 仙台は42分、左サイドから攻め込み、中央でパスを受けたマルティノスがペナルティエリア右へ持ち込むと、そのまま利き足とは逆の右足を一閃。対峙した相手DFに当たってややコースが変わったシュートは、名手ランゲラックもセーブ及ばず。そのままゴールに吸い込まれネットを揺らした。結局、これが決勝点となり、仙台は今季初の連勝を飾っている。

 試合後、フラッシュインタビューに応えたマルティノスは、ゴールについて「皆さん自分の左足がどういうものか知っていると思うので、今日は右足を振りましたけど、これからは右足も警戒しなければいけないのでは?」と笑顔でコメント。5月12日に行なわれた等々力陸上競技場での川崎戦では、鮮烈な左足のミドルを叩き込んでおり、相手にも警戒されているはずだが、見事に裏をかくゴールとなった。
 
 マルティノスは、川崎戦では終了間際に同点弾、名古屋戦では決勝弾と、上位陣から重要なゴールを奪う“キラー”ぶりを発揮。これには「チームとしても自分個人としても難しい時期があったが、また自分のクオリティを証明できたし、チームのためにどういうことができるのかを示せたと思う」と答えた。

 次節はホームでのセレッソ大阪戦。マルティノスは「難しい対戦相手との試合が続くが、川崎戦は自分が途中から入って決めて、今日も自分が出場して点を決めたので、また難しい相手だが、自分のベストを尽くしたい」と謙虚に語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】仙台マルティノスが名手ランゲラックの守るゴールにねじ込む!
【関連記事】
森重が4位、稲垣が8位。Jリーグの「デュエル・マスター」は誰だ? 勝利数1位で勝率もダントツだったのは…
「バケモン」「黄金の左」仙台助っ人FW、敗色濃厚の川崎戦で劇的同点弾! 驚愕の弾丸ショットに大反響
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
識者が推す! J1中盤戦以降の必見タレント|低迷ガンバの救世主は? ベテランFWの奮起にも期待
進化する王者・川崎を攻略するには? 名古屋が提示したヒント

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ