香川、レバンドフスキ、ギュンドアン…伝説の2冠メンバーが来夏に再集結? ドルトムントCEOが注目発言!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年05月25日

レジェンドの豪華な引退試合を画策

11-12シーズンに2冠を達成したドルトムント。ピシュチェク(中)の引退試合に再び豪華メンバーが集結する可能性も。(C) Getty Images

画像を見る

 実現すれば、ドルトムント・ファンにとって堪らない試合になるのは間違いない。

 5月22日に行なわれたブンデスリーガ最終節、ドルトムント対レバークーゼンは前者のウカシュ・ピシュチェク、後者のスベン・ベンダー、ラース・ベンダー兄弟にとって現役最後のゲームとなった。

 元ポーランド代表のピシュチェクは2010年夏からドルトムントに在籍し、歴代7位の公式戦382試合に出場した文字通りのレジェンドだ。この日は対戦相手としてプレーしたS・ベンダーも09年~17年に同クラブに在籍し、公式戦224試合に出場している。

 ドルトムントからすれば、ふたりの功労者を盛大に送り出したいところだったが、残念ながらこの日のジグナル・イドゥナ・パルクは無観客。ファンの声援を浴びることなくふたりはユニホームを脱いだ。

 ただ、ドルトムントには来年にも特別な別れの場を提供する考えがあるという。ドイツ誌『Kicker』によると、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは試合後、現地メディアに対してこのように語ったという。
 
「2022年夏に(ドルトムントの)トップチームと、11-12シーズンに2冠(ブンデスリーガとDFBカップ)を達成したメンバーとの試合を考えている。我々としてはファンの前で彼らを見送りたいと思っているんだ。多くの選手からも、是非こういう試合をやりたいという声も届いているしね」

 11-12シーズンのドルトムントと言えばユルゲン・クロップ監督の下、日本代表の香川真司(現PAOK)など、若きタレントたちがブンデスリーガを席巻。日本のサッカーファンにとっても馴染み深いチームだろう。

 当時のクラブには、他にもロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン)、イルカイ・ギュンドアン(現マンチェスター・シティ)、マッツ・フンメルス(ドルトムント)、マリオ・ゲッツェ(現PSV)、イルカイ・ギュンドアン(現マンチェスター・シティ)、イバン・ペリシッチ(現インテル)など多くの名手が在籍していた。

 はたして満員のジグナル・イドゥナ・パルクで、香川ら伝説のチームのメンバーが再び躍動する姿は見られるのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】
「寂しくなるよ」原口元気のハノーファー退団報告に現地サポから惜別の声「全力をありがとう」
「素晴らしい6年間を過ごせて感謝」宮市亮がザンクトパウリ退団を報告。ドイツでは公式戦80試合、8ゴールを記録
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす
現地誌採点による「ブンデス戦士TOP10」を紹介!トップのレバンドフスキに続いて2位になったFWは? ハーランドではなく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ