「ボレーからのボレー!?」磐田・鈴木雄斗の鮮烈フィニッシュに脚光!「ピンボールみたい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月24日

「100点のパスと100点のシュート」

伊藤(右)のダイレクトの折り返しを鈴木(左)がボレーで叩き込む。ふたりの高い技術が凝縮されたファインゴールだった。写真:滝川敏之

画像を見る

 ジュビロ磐田の鈴木雄斗が決めたゴールが話題を呼んでいる。

 5月23日に行なわれたJ2リーグ第15節の東京ヴェルディ対磐田の一戦は、2-0で磐田が勝利。39分に鈴木が先制弾を挙げると、終了間際の90+4分に山本康裕が勝利を決定づける追加点をゲット。盤石の戦いぶりでアウェーチームが白星を掴んだ。

 注目を集めているのが鈴木の鮮やかなフィニッシュだ。遠目の位置から相手ゴール前に供給された遠藤保仁のFKは撥ね返されるも、こぼれ球を伊藤洋輝がダイレクトで折り返す。このボールを鈴木がボレーで合わせる。鋭い一撃がネットを揺さぶった。
 
 Jリーグの公式ツイッターでこのゴールシーンが投稿されると、称賛の声が寄せられた。

「芸術的すぎる」
「マンガやゲームみたいなゴール!」
「ボレーからのボレー!?」
「笑っちゃうぐらい凄いな」
「気持ちよすぎるこれは」
「これもうプスカシュ賞だろ」
「目の覚めるようなゴールアザス」
「双方、綺麗なミート技術」
「決めたラルフもすごいけど折り返した伊藤が素晴らしい」
「100点のパスと100点のシュート」
「素敵なダブルボレー」
「ピンボールみたいだね」

 今季から磐田に新天地を求めた鈴木にとっては、待望の移籍後初ゴール。磐田はこの勝利で勝点29とし、4位をキープしている。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「芸術的すぎる」磐田・鈴木雄斗の鮮烈フィニッシュ!

【J2第15節PHOTO】東京V0-2磐田|鈴木雄斗が移籍後初ゴール!磐田が東京Vに完封勝ちし2連勝!
 
【関連記事】
【J2】京都が新潟を下し首位奪取!勝利した磐田、甲府が追走。勝点7差に5チームがひしめく混戦模様に
「全ての技術が高すぎる」ジュビロ遠藤保仁の24年連続弾に反響続々!「何だこの優雅なゴールは」
「15歳のときから魅力を感じていた」磐田の新助っ人、200センチGKアレクセイ・コシェレフが並々ならぬ“日本愛”を告白
磐田の中山雅史コーチが練習始動をツイート!「お帰りなさい」「ジュビロが似合う」とファン歓喜!
磐田にとって重要なのは、連勝の数より“勝点3”。大井健太郎は「勝ちながら成長していければ」と意気込み

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ