【ルヴァン杯】3つ巴の2位争いは山口&マシカ弾で神戸が制する!大分は先制するもFC東京とドロー|Bグループ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月19日

神戸のマシカは来日初ゴール

弓場のゴールで一時はリードを奪った大分。グループステージで涙をのんだ。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグのルヴァンカップは5月19日、グループステージ最終節の8試合を各地で開催。FC東京の首位通過が決定している一方で、大分、徳島、神戸の3チームが勝点5で並ぶBグループは、徳島を3-0で下した神戸が2位通過を決めた。

 勝利すれば突破が決まる神戸は、鳴門・大塚スポーツパーク、ポカリスエットスタジアムで徳島と激突。神戸は負傷明けプレー時間を増やしているアンドレス・イニエスタがベンチ入りし、アユブ・マシカとリンコンの2トップを採用した。

 試合は、開始2分に神戸が先手を奪う。櫻井辰徳が右サイドに展開し、酒井高徳、増山朝陽と繋ぎ、最後は走り込んだ山口蛍がゴール左に狙い澄ましたミドルシュートを放つと、ポストに当たりながらもゴールに吸い込まれ、神戸が早々にリードを奪う。その後リンコンが決定機を迎えるものの、追加点はならず。

 一方の徳島もパスワークから神戸陣内に攻め込むが、フィニッシュまで持ち込めず双方スコアを動かせず1-0で神戸がリードして前半を終える。

 同時刻にキックオフされたBグループのもう一試合、味の素スタジアムで行なわれたFC東京と大分の一戦は、大分が前半アディショナルタイムに先制。左サイドからのクロスのこぼれ球にいち早く反応した弓場将輝が左足でダイレクトシュートを放つ。相手DFにあたるものの、ゴールに吸い込まれ大分が1点リードして前半を折り返す。

 直接対決の結果から、神戸、大分ともに勝利した場合は前者に軍配が上がるものの、徳島も突破の可能性を残すだけに、Bグループは緊張感を保ったまま後半に突入した。
 
 しかし、他会場の結果に関わらず勝てば突破の決まる神戸は、後半立ち上がりに追加点をゲット。

 パス回しからのスルーパスに反応したマシカがスピードを武器にペナルティエリア内までドリブル突破。飛び出してきた相手GKをかわすような浮き球のシュートを選択し、神戸が52分にリードを2点に広げた。マシカは来日初ゴールとなった。

 その後イニエスタやドウグラスらを投入した神戸は、アディショナルタイムにマシカのこの日2点目も決まり、3-0で勝利した。

 1点リードでグループステージ突破を目指した大分だったが、63分にFC東京の永井謙佑にゴールを許し、結局1-1の引き分けでタイムアップ。

 この結果、引き分けたFC東京が勝点12として首位、勝利した神戸が同8として2位でグループステージを通過した。なお、引き分けた大分が同6で3位、敗れた徳島が同5で4位となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【神戸のベスト布陣を考察】2列目はイニエスタら助っ人揃い…古橋は最前線でこそ生きる
すべてはイニエスタに懸かっている!神戸の“看過できない問題”を解決するには?
泥沼5連敗のFC東京に何が起こっているのか。小川諒也は「11人の意思が揃っていない」と懸念
元日本代表FW城彰二が五輪のオーバーエイジ枠に持論!「絶対反対」「ふざけんなって話」
「マジョルカの皆さん…」久保建英が古巣の昇格を祝福! 降格から1年で1部に返り咲き

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ