「しっかり繋いで崩した!」鹿島の連動したアタックに反響。仕留めた杉岡は「ここで行くしかないと思った」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月13日

「ひたむきにやってきて良かった」(杉岡)

名古屋戦で勝負を決するゴールを決めた杉岡。「この試合に懸ける思いは強かった」と振り返る。写真:滝川敏之

画像を見る

 完璧な崩しで、勝負を決定づけるゴールを奪ってみせた。

 敵地に乗り込んだ名古屋グランパス戦、鹿島アントラーズは2-0の完封勝利を収めた。32分、永木亮太のCKを相手GKがファンブル。そのこぼれ球を犬飼智也が押し込んで先制に成功する。その後も自分たちのペースでゲームを進めてはいたが、後半に入ると攻め込まれる時間帯も多少、増えてきていた。

 欲しかった追加点が生まれたのは86分だった。相手のロングフィードを犬飼がヘッドで弾き返すと、ルーズボールを松村優太が拾い、近くにいたディエゴ・ピトゥカに預ける。レフティのブラジリアンは、さらに横にいた永木にパス。ここからカウンターを発動。永木がドリブルで持ち運び、前線で膨らむ動きを見せた上田綺世にパスを通す。

 上田はトラップし切れずにボールが流れたが、すぐに回収して、小泉慶にバックパス。そこから小泉→松村→永木→荒木遼太郎と繋いで、オーバーラップしてきた杉岡大暉が荒木からのヒールパスを受け、正確なシュートでゴールネットを揺さぶった。

 DAZNの公式ツイッターは「しっかり繋いで崩した!杉岡大暉の追加点!」と題して、東京五輪代表候補の左SBが決めたゴールをピックアップ。「久しぶりの完璧な崩し」「素晴らしい!」「杉岡ここぞでの上がり流石」「荒木きゅんの落としがグティなのよ」など、連動性溢れる崩しからのフィニッシュを称賛するコメントが寄せられた。

 杉岡は自身のゴールシーンをこう振り返る。

「チームとして我慢の時間が続いていたなかで、上手く起点ができて、スペースがあったので、ここで行くしかないと思って、良いタイミングで上がれました。亮太くんから直接もらおうと思ったんですけど、荒木が入ってきたんで、コースを変えて良いところに入れたと思います」

 また試合後のフラッシュインタビューでは、「個人的には苦しい時間が長く続きましたけど、ひたむきにやってきて良かった」と神妙に語っていた。

 高卒で加入して3シーズンを過ごした湘南ベルマーレから、鹿島に新天地を求めたのは2020年シーズン。だが、移籍1年目は公式戦で8試合・0得点と不完全燃焼に終わった。迎えた今季もレギュラーに定着できずにいた。
 
 連戦となった今節の名古屋戦、8試合ぶりの先発のチャンスを掴む。杉岡自身、期するものがあったはずだ。

「この試合に懸ける思いはかなり強かったですし、連戦の中でチャンスが回ってきて、チームも良い状態だったので、絶対にここで流れは切りたくなかったし、その波に上手く乗れたかなと思います」

 目に見える結果でアピールに成功した。馬力あるプレーは持ち味のひとつ。「あの時間帯で、あそこに走って決められたのは個人としても大きかったですし、チームの助けになったと思います」と手応えを口にする。

 このゴールをさらなる飛躍への転機としたい。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】連動した鮮やかな崩し、そして杉岡大暉のフィニッシュ!
 
【関連記事】
「出し切る戦いをしてくれた。それが一番嬉しい」鹿島指揮官が語る名古屋戦勝利の要因と今後に向けて
相馬アントラーズが今季初の3連勝を達成! 犬飼&杉岡の2発で名古屋を撃破!
浦和のユンカー、鹿島のピトゥカ…今季J1の新助っ人で要注目選手は?【識者厳選の5人】
「バケモン」「黄金の左」仙台助っ人FW、敗色濃厚の川崎戦で劇的同点弾! 驚愕の弾丸ショットに大反響
「世界の至宝に何を…」イニエスタがクリームまみれに! 主将が“手荒な”祝福を受ける姿が大反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ