「コースがえぐい」日本代表守護神の牙城を破る超絶FK! 横浜FCレフティMFのハイレベルな一発に脚光

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月09日

代表GK権田のニアサイドを破るFK弾

手塚がFKで今季2ゴール目を挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 代表守護神の牙城を破るハイレベルな一発に注目が集まっている。

 J1リーグ13節の清水エスパルス対横浜FCが5月9日、IAIスタジアム日本平で行なわれ、1-1のタイスコアに終わった。

 試合は前半を0-0で折り返し、58分にチアゴ・サンタナのゴールで清水が先制するが、横浜FCがすぐさま反撃。63分、ペナルティエリア手前の中央やや左寄りの位置でFKを獲得すると、ボランチの手塚康平が直接狙う。レフティの放った一撃は、壁の横をすり抜け、鋭い弧を描いて、日本代表GKでもある権田修一が守るゴールに突き刺さった。

 この一発は、試合を配信したDAZNの公式ツイッターでもすぐさまピックアップ。「ココしかない!速さもコースもパーフェクト 手塚康平が直接決めた!」と綴り、ゴール映像を公開している。

 SNS上でも手塚のゴールに対する反響は大きく、「これは手塚ゾーン」「凄すぎて、涙出てきたよ」「手塚のFKヤバすぎるやろ」「手塚FKなんなの?芸術なの?笑」「権田相手にレベチなFK決めてるwww えぐい」「手塚のFK上手かった あのコースはえぐい」「凄すぎて割り切れるわ」といったコメントが投稿されている。

 ハイレベルなFK弾を決めた手塚本人は、「風が強く吹いていたので、風に乗ったら決まるかなと、思い切って打った」とゴールを振り返っている。いまだ今季勝利のない横浜FCだが、レフティボランチの一発は不振を極めるチームの光明となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「速さもコースもパーフェクト!」代表守護神・権田修一から決めた手塚康平の直接FK弾!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ