元浦和の赤星貴文が現役復帰!営業職兼プレーヤーとして地元静岡県富士市の社会人チームと契約

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月08日

先月には一度引退を表明していた

Jリーグでは浦和(右)をはじめ水戸(中)、山形(左)などでプレーした赤星。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズなどでプレーし、ラトビア、ポーランド、ロシアなど海外7か国でプレーし、先月に引退を発表していた赤星貴文(34歳)の現役復帰が発表された。静岡県社会人リーグ1部所属の岳南Fモスペリオと社員契約を結び、営業職として働きながらプレーすることになるという。

 清水ジュニアユース時代には日本一を経験し、藤枝東高を経て2005年に浦和に加入した赤星は、山田暢久、長谷部誠ら同校から浦和に加入した先輩たちの下で1年目から公式戦デビューを果たす。だが厚い選手層に阻まれ、水戸、山形などに武者修行に出る。

 その後、金沢へ移籍し、ラトビア、ポーランド、ロシア、タイ、イラン、インドネシア、オランダなど海外7か国でプレー。2021年4月に現役引退を表明していた。

 そんな赤星は5月7日、自身のインスタグラムを更新し、「皆さんこんにちは!赤星貴文です!またサッカーを新しい形でする事になりました!地元のクラブという事で新しいチャレンジが始まります!先日ご報告させていただいた亡き父にも、僕がプレーする姿をもう一度見せたかったですが、きっとどこからか見てくれていると思うので、少しでも親孝行そして応援してくれる全ての方々にまたプレーする事で希望を与えられるように精一杯の努力をしていきます!岳南Fモスペリオの応援よろしくお願いします!」と報告。

【画像】赤星が投稿した新天地でのユニホーム姿!
 

営業マン兼プレーヤーとして地元富士市に戻ってきた赤星。地域貢献とチームの昇格を目指す。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 さらに8日には入団会見を行ない、「1か月前に引退を発表したタイミングでオファーを頂きました。クラブのビジョンや情熱を感じた。自分としてもサッカーを続けてきたので、地元に貢献したいという想いもあって共感できることが多かった。地域の方に恩返しができるように頑張っていきたいです」として、 25歳以下の若手が多く揃う新天地では、「若い選手が非常に多いので、エネルギッシュでアクティブ。自分がそういうなかで、プロとして経験してきたことを伝えていきたい。地元にサッカークラブがあるというのを認知してもらって、地域に貢献していきたい」と抱負を語った。

 もうすぐ35歳を迎える赤星の新しいチャレンジに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
浦和レッズに舞い戻った元背番号10。「最高の熱量で接しています」と育成現場で奮闘中!
福田正博が選ぶJ歴代最強チーム「守備しかできずにプライドも自信もすべて奪われた。2度と戦いたくない」
「またCLのアンセムを聞くのが夢」フランクフルト長谷部誠が、トップ4を懸けた残り3試合への想いを現地メディアに熱弁!
浦和の”バンディエラ”山田暢久が現役復帰!?「来季は監督兼選手として契約継続致しました」の報告にファンも歓喜
【浦和】期待の“02年トリオ”が成長著しい…レギュラー獲得への課題は

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ