「邪悪な見苦しい行為だ」我を失ったディ・マリアの“踏みつけレッド”に辛辣批判!「幼稚な退場」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月05日

母国アルゼンチンのメディアも…

レッドカードを出され、主審に詰め寄るディ・マリア。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月4日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)の準決勝・第2レグで、パリ・サンジェルマンは敵地でマンチェスター・シティと対戦。リャド・マハレズの2ゴールで0-2と敗れ、アグリゲートスコア1-4で敗退を喫している。

 厳しい批判を浴びているのが、69分のアンヘル・ディ・マリアの愚行だ。63分に2点目を奪われてほぼ勝負が決し、苛立っていたのだろう。スローインの際に、小競り合いとなったフェルナンジーニョの足を踏みつけたのだ。もちろんレッドカードが提示され、数的不利となったフランス王者は万事休した。

【画像】醜い愚行に批判殺到!ディ・マリアがフェルナンジーニョを踏みつけた決定的瞬間
 スペイン紙『AS』はこのディ・マリアの行為を「邪悪な見苦しい行為。完全に役割を見失い、フェルナンジーニョに醜い踏みつけをして、レッドカードを食らった」とバッサリ。また、母国アルゼンチンの『TN』も、「すでに困難な状況だったが、ディ・マリアの幼稚な退場は、パリSGの幻想を終わらせた」と糾弾している。

 故障でキリアン・エムバペが欠場するなか、ネイマールとともに攻撃を牽引することが期待された男の蛮行により、2年連続のファイナル進出の可能性は完全に潰えたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】現地メディアも衝撃! 先制弾をお膳立てしたエデルソンの正確無比な「80メートルフィード」はこちら
【関連記事】
「ありえないパスだ」先制弾を演出したマンC守護神の“高精度80mフィード”に現地衝撃!「GKでなくても他の選手には出せない」
CL、ELも決勝での“プレミア勢対決”に現実味!2年前の再現なるか?
「彼らなしでは不可能」マンC史上初のCL決勝進出にペップが感動メッセージ。「共に分かち合いたい」
「19歳じゃ、ちょっと早いかな」内田篤人が久保建英のアーセナル移籍に持論!「他のチームやリーグでできなくなっちゃうよ」
「裏切られたと感じる」37歳パルチザン主将、浅野拓磨への想いを地元メディアに激白!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ