大迫勇也が途中出場のブレーメン、DFBカップ決勝進出ならず!韓国代表FWが1G1AのRBライプツィヒが120分の死闘を制す

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月01日

PK戦に突入するかに思われた120分に…

途中出場でチャンスを作り出した大迫だが…。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月30日にDFBカップの準決勝が開催され、大迫勇也が所属するブレーメンが、ナーゲルスマン監督のバイエルン行きが決定したRBライプツィヒと対戦した。

 準々決勝で決勝ゴールを挙げるも、ベンチスタートとなった大迫に出番が巡ってきたのは、スコアレスで迎えた66分だった。すると、その直後にセットプレーからヘッドで合わせるも、惜しくも枠を捉えられない。

 日本代表FWはその後もチャンスを作り出したが、ゴールを奪えず、試合は延長戦に突入する。

【動画】完璧なトラップから反転ボレー!現地メディアが絶賛した大迫の美弾はこちら
 すると93分、入ったばかりの韓国代表FWファン・ヒチャンにこぼれ球を拾われてゴールを許し、ついに先制点を奪われる。

 しかし、延長前半終了間際の105分、敵の逸材DFウパメカノがバックパスをまさかのミス。これを拾ったビッテンコートが飛び出してきたGKをかわしてゴールに流し込み、同点に追い付く。

 このままPK戦に突入するかに思われた120分、勝負を決めたのはライプツィヒだった。カンプルのパスをファン・ヒチャンがヘッドで落とし、ホシュベリがゴールにねじ込んだのだ。

 この劇的な決勝弾により、ブレーメンはファイナル進出を逃している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ