「ライバルだったのに…」鈴木優磨のゴール量産に韓国メディアも驚嘆! 燻る元同僚イ・スンウには嘆き「スズキと比べて物足りなさが際立つ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月08日

「スズキはチーム内で確実な地位を固めたが…」

鈴木(右)と比較し、イ・スンウ(左)の現状を母国メディアが嘆いた。(C) Getty Images

画像を見る

 欧州でゴールを量産しているサムライ戦士に、隣国のメディアも関心を寄せているようだ。

 現地時間4月6日に開催されたベルギー・リーグの第31節で、シント=トロイデン(STVV)の鈴木優磨は2ゴールを挙げる活躍を見せ、4-2の快勝の原動力に。これで今シーズン17ゴールとし、2015-16年にハーフナー・マイクがエールディビジで挙げた16点を超え、欧州主要リーグにおける日本人選手のシーズン最多得点記録を更新した。

 この活躍に注目したのが韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』だ。「イ・スンウと競争していた選手がベルギーで17ゴール。日本人選手の新しい歴史を作った」と題した記事を掲載。満足な出場機会を得られず、今冬にSTVVからポルティモネンセにレンタル移籍をしたイ・スンウと鈴木を比較し、“韓国のメッシ”の現状を嘆いている。

【動画】2点目は橋岡がアシスト!鈴木優磨の圧巻2ゴールはこちら
 記事は、鈴木が日本人選手のシーズン最多得点記録を更新したことを紹介しつつ、「イ・スンウの立場からすると、ズズキの並み外れた活躍は、物足りなさが強調されるだけだ」と綴った。

「イ・スンウとズズキは2019年夏にSTVVに入団した。ズズキは最初のシーズンに25試合に出場し、十分なチャンスを得たが、イ・スンウは力を発揮できず、4試合の出場にとどまった。それは今シーズンも同じだった。監督交代の混乱した状況の中でも、スズキは、ストライカーとして、チーム内で確実な地位を固めたが、イ・スンウは不安定で、冬の移籍市場ときポルティモネンセへレンタル移籍した」

 バルセロナのカンテラ(下部組織)で育った23歳は、そのポルティモネンセでも出場機会に恵まれず、燻っている。対照的な鈴木の活躍は、そのもどかしさを助長させるものだったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「欧州で日本人の新たな歴史を作った」鈴木優磨の快進撃をベルギー・メディアが絶賛!STVV会長も称賛「彼は野心的だ」
「クボの時間が待ちきれない」衝撃の“タッチ数ゼロ”でも…久保建英の先発復帰に現地紙は期待!「好調で際立っている」
「誰よりも驚いた」南野拓実はなぜリバプールを離れたのか? 電撃移籍の舞台裏を激白!「麻也君とたくさん話して…」
「夢のようなゴールだ」大迫勇也の華麗なボレー弾を現地メディアが絶賛!「完璧なターン」
「目を閉じていても獲得する」ザッケローニが冨安健洋に賛辞!「日本人を指導したが、彼らは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ